タンクローリーを使う会社の人気おすすめランキングは?

   

タンクローリーを使う会社は、給料が比較的高い印象がありますよね。そのため、転職してみたいと考える方も多いと思います。

この記事では、タンクローリーを扱う売上が多い企業のランキングをご紹介!

ぜひ、転職を検討している方は参考にしてみてください。

タンクローリーとは?

タンクローリーはトラックの仲間ですが形も用途も全く違う乗り物です。タンクローリーは液体を運ぶためのトラックです。つまりトラックでは運ぶことができない液体を輸送するのがタンクローリーなのです。

タンクローリーで運ぶものは牛乳、石油、ガス、化学薬品などを運びますが、液体だけではなく固体を運搬するのにも使われます。トラックで液体は運べないのかというと運べない事はありません。

ですが液体をトラックに積んで運ぶとなると、遠心力などがかかってしまった時にトラックの制御が効かなくなるかもしれません。ですがタンクローリーは独特の構造をしているので、安全に液体を運搬する事ができるのです。

タンクローリーのタンクの中は最大4,000Lごとに仕切りが付けられていて、それぞれの仕切りは独立しているので多種類の液体を同時に運ぶことができます。

運転手に必要な資格は?

タンクローリーは小さなものもありますが、最大積載量は30000L以下となっているので、大型免許が必要になるのは確実です。さらにタンクローリーで運ぶものはガソリンや化学薬品などの危険物である事が多いです。

また、タンクローリーの形は大型トラックと同じ作りになっているものもあれば、けん引しなくてはならないタイプに分かれます。けん引するタイプの場合には大型免許だけではなくけん引免許も必要になります。

さらに運ぶものにもよりますが扱う液体によっては特殊な免許を取得していないとならない事があります。

危険物乙4種や大型一種、牽引が必要?

ガソリンを運ぶ場合には『危険物取扱乙種第4類』の取得が必要です。もちろん資格を取得していない方が大型一種免許やけん引免許を取得していて、もう一人の方が危険物取扱乙種第4類の資格を取得している場合でも構いません。

危険物取扱乙種第4類の資格の取得をするには、消防試験研究センターが主催する試験を受けて合格する必要があります。

どこの県でも実施されている試験ですが、年2回程度しか試験がありません。試験の費用は乙種の場合は3,400円です。

試験は『危険物に関する法令』『物理および化学』『危険物の性質並びにその火災予防および消化の方法』の3科目です。

60%以上で合格となります。タンクローリーの運転手を希望する際には最低でもこの3つを取得すると良いでしょう。

タンクローリー会社のランキング

運転手に人気のタンクローリー会社の中でも『働きやすい』『収入が安定している』『従業員の勤続年数が長い』運送会社のランキングをご紹介いたします。

1位~3位

第1位:JXホールディングス 売上高 71,158億 平均勤続年数 20.1年

石油関連企業の中でずば抜けて売上が高く、社員満足度も高いのがこちらのJXホールディングスです。石油製品の精製販売だけではなく石油・天然ガスの開発事業も行っています。

第2位:東燃ゼネラル石油 売上高 26,278億 平均勤続年数 17.0年

東燃(とうねん)ゼネラル石油は、東燃とゼネラル石油が合併してできた会社です。日本各地にあるゼネラル石油のガソリンスタンドへの石油製品の輸送を行っています。

第3位:コスモエネルギーHD 売上高 22,443億 平均勤続年数 16.3年

こころも満タンに!で有名なコスモ石油ですね。石油関連製品精製や輸送などを行っています。日本全国にあるガソリンスタンドへの石油の輸送をタンクローリーで行っています。

4位~6位

第4位:昭和シェル石油 売上高 21,776億 平均勤続年数 19.9年

110年という歴史が古い石油関連企業です。貝のマークで知られているガソリンスタンドへの石油製品の輸送などを行っています。関連企業への石油関連製品の輸送なども行っています。

第5位:出光興産 売上高 21,140億 平均勤続年数 23年

出光興産は日本を代表する石油会社です。石油類の精製や販売を行っている企業で、日本各地にある出光興産のガソリンスタンドなどへ石油製品の輸送を行っています。

第6位:日本通運 売上高 19.091億 平均勤続年数 18.6年

日本通運は日本の大手運送会社です。様々な物流事業を行っている中で、タンクローリーによる日本各地への輸送を行っている会社です。ペリカン便などでも有名ですよね。

7位~10位

第7位:国際石油開発帝石 売上高 10,095億 平均勤続年数 15.9年

日本最大の石油・天然ガス開発事業を行っているのが国際石油開発帝石です。石油関連製品の輸送を行うのにタンクローリーの運転手が活躍しています。大企業なので安定した収入を期待できます。

第8位:山九株式会社 売上高 4,894億 平均勤続年数 14.9年

古くから事業を行っている山九株式会社は、製鉄関連の事業を行ったり出光関係の仕事をしたりと、様々な分野で仕事ができる総合企業です。資格の取得がしたいという方におすすめです。

第9位:ダイセル物流株式会社 売上高 4,400億 平均勤続年数 16.3年

日本国内での一般品や危険物、火薬、第4類、第5類などの物流を支えている企業です。輸出入事業なども展開していてやりがいを感じる企業です。

第10位:センコー 売上高 4,340億 平均勤続年数 15.7年

東京江東区に本社のある総合物流企業です。タンクローリーだけではなく様々な車両での輸送を日本全国に行っています。従業員の求人も多く出ています。

11位~15位

11位:鴻池運輸 売上高 2,525億 平均勤続年数 11.3年

大阪に本社のある運送会社です。港湾運送業や倉庫業、製造請負業など幅広く事業展開をしている企業で、従業員の満足度もそれなりに良い企業でもあります。

12位:菱化ロジテック 売上高 811億 平均勤続年数 15年

菱化ロジテックは貨物自動車での運送事業や石油製品販売業なども行っています。化学薬品など危険物の輸送も行っているので大きな運送会社です。

13位:ニヤク コーポレーション 売上高 518億 平均勤続年数 15.5年

危険物輸送業界ではトップクラスの企業です。エネルギー物流を支えていると言っても過言ではありません。社員の満足度も比較的高く多くの方がタンクローリーのドライバーとして活躍しています。

14位:株式会社JKトランス 売上高 10~50億 平均勤続年数 25年

関東を拠点とした石油や化成品をタンクローリーで輸送する業務、およびコンテナ輸送などを行っている企業です。日本全国を飛び回りたい方は危険物などの資格を取得すると良いでしょう。

15位:伏見運送株式会社 売上高 40億 平均勤続年数 12.6年

倉庫事業や運送事業を展開している企業です。タンクローリーは滋賀県や名古屋での操業が中心です。今後は関東へも進出していく可能性が高い運送会社です。

関連企業の検索方法 売上高

タンクローリーの運転手として働くのなら、やはり中小企業よりも大手企業で働きたいと思うのは誰しも同じです。大手で働く事によって安定した収入を得る事ができますし、満足度も非常に高い事が多いからです。

でも中小企業だって捨てたものではありません!取引会社によっては中小企業であっても安定した売り上げがあり、社員に対してもしっかりとした社会保障をしてくれます。

自分に合った関連企業の検索をして面接を受けてみると良いですね。検索する方法としては「はたらいく」などの就職支援サイトなどを上手に活用すると良いでしょう。

もしも売上や勤続年数を知りたい場合には、『〇〇企業 勤続年数』『〇〇会社 売上高』などと入力して検索をかけてみると良いでしょう。意外とすぐに知りたい情報をゲットする事ができます。

中小の運送会社より大手のほうがいい?

社員への福利厚生面での保障について考えると、やはり中小の運送会社よりも大手の方が良いかもしれません。注目したいのはやはり勤続年数です。勤続年数が長いという事は社員の会社への満足度が高いからです。

年商についても数千億という売上があれば、数億の企業よりも将来性が見込めると感じるのは間違いではありません。さらに長年培って得た信用も関係しています。

ベースアップやボーナスなどの問題や休日の問題もそうですが、中小の運送会社だと会社の中で仕事の取り合いになる事が多々あり、それが原因でもめる事もしばしばあるものです。

大手企業だとこうした問題が起こりにくい現実を考えてみても、大手企業でお勤めした方が安定感も安心感も得られます。

給料や手当、年間休日から決めるのが無難

運転の仕事はとても神経を使います。しかも運んでいるものが危険物でとても神経を使います。そのため仕事をするのなら危険を伴うという意味でも平均的なお給料の企業を選びましょう。

大手企業であれば危険物を輸送するなりの手当てもつきます。仕事が無くて今月は残業が無しといった事もありません。また、忙しすぎて年間休日が少なすぎるというのも仕事の特性上危険です。

安全に体調管理をしながら仕事ができる企業の中から就職先や転職先を決めてみても良いでしょう。

まとめ

今回はタンクローリーを使って製品の輸送を行っている会社ランキングをご紹介いたしました。売上高や平均勤続年数から働いている方々の満足度が何となくわかりました。

もしも将来タンクローリーの運転手として働くのであれば、中小の運送会社よりも大手企業のタンクローリーの運転手を狙えるよう検討されてみてはいかがでしょうか。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - タンクローリー運転手