2tトラックの高さ/サイズ/荷台寸法表/積載量/長さ/車幅/車高を解説!

      2019/04/02

2トントラックは現在、普通免許を取得されている方であれば、ほとんどの人が運転することが出来るサイズのトラックです。

そのためトラック運転手を目指す未経験の方は、ここから始めてみようと考えている方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、2トントラックのサイズや寸法など、2トントラックに関することについて詳しくご紹介していきたいと思います。

引用:グーネット様

2トントラックとは?

2トントラックとは、小型トラックに分類されるものです。

あまり多くは積載できないものの、車種によっては普通免許でも運転可能なため、とてもニーズの高いトラックと言えます。

具体的な基準については以下の通りです。

車両総重量:5トン未満
最大積載量:2.0~2.9トン

2トントラックのサイズ・車両寸法と荷台寸法は?

2トントラックと言っても、その形状についてはいろいろな種類があります。

具体的には平ボディやアルミバン、クレーンなどです。また、サイズについても複数の種類があります。

ここでは、標準的なショートタイプの定義についてご紹介しましょう。

全長:4.7m以内
全幅:1.7m以内
全高:2.0m以内

荷台寸法については、車種によって違いがありますので、一概にいうことは難しいです。

ただ、平ボディのショートタイプの場合、以下のような寸法が標準的と言えます。

荷台長:3.1m程度
荷台幅:1.6m程度
荷台高:0.38m程度

2トントラックと中型、大型トラックのサイズの比較

同じトラックでも、2トンなのか中型なのかによって、サイズが全く異なります。

そこで、中型トラックのサイズについてご紹介しましょう。

全長:12m以内
全幅:2.5m以内
全高:3.8m以内

特に差があるのが全長ですね。2トントラックの2.5倍以上の水準になっています。

また、全長・全幅・全高の基準については、中型トラックと大型トラックに違いはありません。

ただ、最大積載量と車両総重量については、大型トラックがトップクラスとなっています。

2tトラックの求人数No.1のドライバー専門求人サイトはこちら

2トンサイズのトラックはどこで使用されているのか

2トントラックの場合、多くの荷物を積んで長距離移動をするケースは少ないです。多いのは、引越し業者における配送ですね。

単身者の場合、荷物の量が少ないため、2トントラックでも対応できます。そのため、家財の配送等において使用されることが多いです。

もちろん、引越しに限らず、飲食料品の配送や企業製品の配送に使用されるケースもありますので、用途は幅広いです。

2トントラックのサイズはボディタイプで変化する

2トントラックのサイズについてはすでにご説明していますが、2トントラックにはほかのサイズも存在しています。

具体的には、ロングやワイドロングです。そこで、双方の車両寸法と荷台寸法についてご説明しましょう。

2トンロングの車両寸法と荷台寸法

2トントラックロングタイプの車両寸法については、以下の通りです。

車長:6.0m程度
車幅:1.9m程度

荷台寸法は車種によっていろいろですが、概ね以下のようになっています。

荷台内寸長:4.3m程度
荷台内寸幅:1.7m程度

このロングタイプについては、近場の雑貨の集配に使用されるケースが多いですね。

2トンワイドロング車両寸法と荷台寸法

2トントラックワイドロングタイプの車両寸法については、以下の通りです。

車長:6.0m程度
車幅:2.1m程度

荷台寸法は車種によっていろいろですが、概ね以下のようになっています。

荷台内寸長:4.3m程度
荷台内寸幅:2.0m程度

ワイドロングタイプの場合、近場の大口の集配に使用されるケースが多いですね。

2トンサイズのトラックの運転に必要な免許

まず、現行の普通自動車運転免許の場合、運転できる車両は以下の通りです。

最大積載量:2トン未満
車両総重量:3.5トン未満

これだと、運転できる2トントラックがとても限定的なものになります。

ただ、平成29年3月12日以前に普通免許を取得した人の場合、平成29年3月12日から「準中型車(5tに限る)」という条件になります。

この条件において運転できる車両は以下の通りです。

最大積載量:3t未満
車両総重量:5t未満

これであれば、十分2トントラックを運転できますね。

まとめ

今回は、2トントラックのサイズや、使用目的などについてご説明してきました。

2トントラックは、普通免許で運転できるケースが多いこともあり、多くの人が運転する権利を持っています。

そのため、2トントラックドライバーを目指すのは、そう難しいことではないでしょう。

ただ、トラックドライバーで最も需要があるのは4tトラックに乗れる免許です。そのため、8t限定の普通免許ではない方は中型免許を取得することをオススメいたします。

下記では、2tトラックの求人や中型免許取得支援がある会社の求人が全国で800件以上あるため、検索してみてください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手