ルート配送ドライバーに転職する前に知るべき仕事内容と必要免許・資格

   

ルート配送の仕事に転職したいと考えている方は、自分に適性があるかをよく確認する必要があります。今回はルート配送の仕事に必要なスキルや仕事内容の特徴、適性チェックなどを詳しく紹介しておりますので、ルート配送の仕事へ転職活動を本格的に行う方はぜひ参考にしてください。

ルート配送への転職に必要なスキル

ルート配送の転職には、どのようなスキルが必要なのでしょうか。免許の種類やスキルから見ていきましょう。

ルート配送の仕事に必要な免許の種類

ルート配送の仕事をするにあたり、必要な免許は主に2種類です。まず、普通自動車免許は必須になります。普通自動車免許持っていると、車両総重量が5t未満のトラックを運転できるのです。

そのため、ルート配送で使用されることの多い2tトラックの運転も可能となります。しかし、法改正後の平成29年3月12日以降に普通自動車免許を取得した人については、車両総重量が3.5t未満のトラックのみ運転可能です。

そのため、運転できるトラックが、軽ワゴン車や軽トラックなどの自家用車のみとなるため、注意しましょう。2tトラックを運転できるようにするためには、新設された準中型自動車免許を取得しなければなりません。

次に、中型自動車免許です。中型自動車免許を持っている場合は、車両総重量が11t未満のトラックまで運転できるため、ルート配送に使用されることの多い4tトラックが運転できます。

ルート配送の正社員は、普通自動車免許のみでも採用されることが多く、トラックを運転する仕事をしたいけれど大型免許は無いという人にも最適です。普通免許は必須であり、中型免許、大型免許があれば更に採用されやすいでしょう。

転職を希望する会社によって運転するトラックの種類が異なるため、取得しておくべき免許は応募前に確認しておく必要があります。必要な免許と採用までの難易度もチェックしておきましょう。

2tトラックを使用したルート配送の仕事は、普通自動車免許のみで働けるため、ルート配送の仕事の中でも最も難易度は低いといえます。

しかし、2tトラックを使用した仕事の場合、労働時間が短くなり、年間の休日も多くなるため、大型トラックや4tトラックのルート配送ドライバーと比較すると収入が低くなる傾向があるのです。

また、2tトラックのルート配送ドライバーとして採用されると、大型トラックや4tトラックを希望しなければ、2tトラックの配送ドライバーを続けることとなります。

4tトラックのルート配送のでは、普通自動車免許に加えて中型免許も必要になるため、2tトラックと比較をすると難易度は少々高くなるでしょう。大型トラックの場合、普通自動車免許と大型免許が必要になり、さらに難易度はたかくなります。

しかし、若い世代で大型免許を持っている人が少ないため、採用されやすい傾向はあります。大型免許の取得と運転スキルを身につければ、優良会社への採用を目指せるでしょう。

ルート配送の仕事は体力が必要!

ルート配送は運転をしていれば良いだけでなく、荷物の積み下ろしなどが必要になる場合が多いです。ある程度体力がなければ、積み下ろしの負担が大きいため注意が必要でしょう。

基本的に、採用時に年齢や性別は基本的に問われないものの、体力に自信がない人には向かない場合もあります。

ルート配送は未経験でも転職できる?

ルート配送の経験は問わない場合が多いですが、会社によっては「免許取得後何年以上」と、取得後の経過期間と、ドライバーとしての経験を重視しているケースがあります。一定の運転技術があることを求める場合も珍しくありません。

ルート配送ドライバーになるために重要となるスキルは、主に3つあります。1つ目に必要とされるスキルは、安全運転をすることです。ルート配送ドライバーは、運送会社や取引先の看板を背負って走行するため、安全運転ができることは重要なポイントとなります。

万が一にも事故を起きた場合、納品するものを届けられないだけではなく、会社のブランドロゴが付いた車をしようしているため、信用を落とすためです。

そのため、ルート配送ドライバーとして働くためには、未経験であっても経験者であっても、安全運転ができることが重要になります。

2つ目に、ルート配送ドライバーは地理を覚え、そのうえで臨機応変に道を変更して仕事をしなければなりません。基本的には決められたルートで仕事をしますが、混んでいたり工事をしていたりという場合には、ルートを変えなければならないためです。

地理に詳しいことや、臨機応変な対応ができるのであれば、ルート配送は未経験であっても転職できるでしょう。

3つ目には、最低限のコミュニケーションスキルです。荷物を納品することが仕事ですが、無言でできるわけではありません。挨拶や、人を不快にさせない態度は必要です。

必要最低限の人間関係を築く点はどの仕事でも同じですが、未経験であれば尚更、採用してもらえるようにコミュニケーションスキルをアピールする必要があるでしょう。

ある程度コミュニケーションスキルは必要

基本的には1人で運転する仕事です。しかし、配送先のお客さんなどとコミュニケーションを図る機会はあるため、多少はコミュニケーションスキルがなければ昇給できない、働きにくい場合があります。

時間を守れる

ルート配送の仕事は配送先へ決まった時間に荷物を届けなければいけないため、出社時間に遅刻は厳禁です。

また、道路状況によっては渋滞に巻き込まれて時間に間に合わないことも考えられるため、混んでいないルートを知っておく必要もあります。土地勘や、地理を覚える事も必要です。

転職する前に知っておきたいルート配送の仕事内容

求人を確認するための重要なポイントと、仕事内容も簡単に確認しておきましょう。

基本の仕事内容は荷物の積み込み・積み下ろしと配送

ルート配送の仕事は基本的に決まったルートを周り、荷物の積み込みや積み下ろしを行います。また、仕事で使用するトラックの簡単な点検・整備を行う場合もあるでしょう。

勤務体系は求人案内をしっかり確認を!

ルート配送の勤務体系は会社によって異なり、正社員を募集している場合もあれば、契約社員など正社員以外の募集もあります。基本的には年齢や性別を問わず、他の業種では難しい40~50代でも正社員として採用される事例もありますが、体力的な面を考慮することも重要です。

また、募集している会社の状況も確認しなければなりません。ルート配送の正社員では、経営状態が良好な運送会社であれば月収20万円~35万円といわれています。しかし、経営状態が良好ではない運送会社のルート配送の正社員では、月収20万円に満たないこともあるのです。

そのため、ルート配送の仕事に応募する際には、運送会社の経営状況まで確認しなければなりません。
経営状態が良好な運送会社の場合、求人の人気が高いため、未経験では採用されないケースもあります。アピールできるスキルを認識してから、応募しましょう。

残業が少なく休日もしっかりとれる

ルート配送の特徴として、残業時間が少ないことや、休日もしっかり確保できる点が挙げられます。転職を検討する際には、残業時間が少ない仕事に就きたい、休日は定期的に確保したいと希望する人が多いため、ルート配送に関しては条件に合致する会社が多いでしょう。

例えば、コンビニエンスストアのルート配送ドライバーの場合、分刻みで店舗へ納品物を配送しなければならないため、勤務時間がすぐに過ぎます。1日の勤務が終わるまでの感覚が短くいことも魅力です。

また、当日中に必ず仕事が終わるため、翌日に持ち越したり、持ち帰ったりということもありません。平日、休日共に、自分の時間をしっかりと確保できるのです。

収入も安定している

ルート配送の平均年収は350~400万円前後であり、仕事の拘束時間が少ないわりに収入が安定している職種としても人気があります。経験を重ね、大型免許やけん引免許などスキルを増やすことでキャリアアップ・収入アップに繋がる事例も多いです。

ルート配送の適正チェック!

ルート配送の仕事にはメリットが多いですが、自分の性格や考え方が仕事内容にマッチするかどうかも重要です。

ルート配送はこんな人に向いている

ルート配送に向いている人は、人間関係に悩まずに仕事をしたい人運転が苦にならない毎日ほとんど同じ仕事内容でも飽きることがないという点が重要です。

また、荷物の積み下ろしがあるため、ある程度は体力に自信があることもポイントとなります。安定した収入を確保したい人にも、おすすめの仕事です。

ルート配送はこんな人には向かない

毎回、同じルートを走行して納品するため、飽きっぽい性格でルーティンワークが大嫌いな人は向きません。また、なかなか道を覚えられない方向音痴な人、運転技術に自信がない人も、働く事が苦痛になる可能性が高いです。

まとめ

ルート配送は、面倒な人間関係を持たずにルーティンで働けるメリットがあります。しかし、取得している免許の種類や、雇用される会社によって収入が異なるため、仕事のメリット以外にも意識を向ける必要があるでしょう。

ルート配送の正社員の仕事を探している人は、下記からルート配送の求人を検索することができますので、探してみて下さい。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:関東(東京/埼玉/千葉/神奈川など)、愛知県
・年齢:全年齢OK
・経験:経験者、未経験者ともにOK

運送会社の多いエリアにて、かなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。
特に、関東や愛知県でお仕事を検索したいドライバー様には、自信を持ってオススメできます!
10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能です!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としていますが、関東以外の求人情報は他社より多い状況となっております。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント 公式サイト >>

【3位】 マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東以外・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's 公式サイト >>

 - トラック運転手