2tトラックの燃費は高速運転で平均的に向上!軽油トラックの燃費をメーカー別に比較!

   

2tトラックを運転している方にとって、燃費を良くしたいという悩みはつきものですよね。

どのくらいの燃費が平均的なのかをご紹介し、燃費を向上させるためのテクニックも合わせてご説明いたします!

2tトラックの燃費はどれくらい?

2トントラックの燃費は平均的に一般公道を走ると、平均して4km/Lくらいになります。

車種や、車の状態によっても差が出ますので、平均すると3.4~4.2km/Lくらいが相場です。

基本的にトラック自体、燃費性能が良いとは言えません。

商用車なので燃費が悪いのは致し方ありませんが、最近では燃費がよくなるように性能を向上させている車種もあります。

ちなみに、4トントラックの平均燃費は大型車で3~3.52km/Lと2トントラックよりもやや下がり、1.5トントラックは4.4~5.2km/Lが平均的な数値になります。
※ちなみに一般乗用車の場合には7~13.00km/Lが平均です。

2tトラックでも燃費を節約するために工夫をした場合でも、積載量が増えてしまえば節約してもあまり効果もはありません。また、信号や渋滞などで停まったりする回数が多いほど燃費が悪くなります。

加えて、どんな車種においても高速走行では燃費が伸びるのも特徴的で、一般道では4.2km/Lくらいが目安になりますが、高速走行においては倍近い7.2km/Lとかなり燃費が良くなります。

2tトラックの燃費を定番車ごとに比較!

三菱ふそう:キャンター

商用車と産業用エンジンのメーカーでありダイムラーの連結子会社でもある三菱ふそう「キャンター」の燃費は平均して7.92km/Lとなり、こちらも軽油になります。

しかし、高速走行においては14.92km/Lを記録するほど伸びの良い車種であり、高速道路を利用しているケースでは普通に10.00km/Lを超えるので、比較的燃費の良い車種なのです。

いすゞ:エルフ

一般乗用車だけでなく、トラックからバスまで取り扱う歴史ある国産メーカーいすゞ「エルフ」の平均燃費は、実燃費7.4km/Lくらいが相場とな、使用燃料は軽油となります。

4WDに切り替えも可能でターボが搭載しているモデルもありますが、ターボや走行や4WD走行では更に燃費が悪くなるのは言うまでもありません。

マツダ:タイタン

マツダが誇る代表的な中型トラック、「タイタン」の燃費は平均して8.02km/Lとなり、こちらも軽油になります。

今ではモデルチェンジを繰り返し、21代目になる歴史ある名車となりました。

日野:デュトロハイブリット

日野自動車の代表的なトラック、「デュトロハイブリット」の燃費は平均して7.72km/Lとなり、こちらも軽油になります。

クロネコヤマトなどが起用している車種で、1999年に発売されたモデルです。

日産:アトラス

100年以上の歴史を誇る日産の伝統のあるモデル「アトラス」の燃費は、平均して7.82km/Lとなり、こちらも軽油になります。

1982年から発売して今では30年以上の歴史を誇る車種ですが、現在でも人気の車種になります。

上記で上げてきたそれぞれの車種の燃費の平均値を比較すると、あまり大差がないことがわかります。

2tトラックの燃費を良くする4つの方法

少しでも燃費を向上させるためにはメンテナンスは欠かせません。以下にメンテナンスの項目を紹介します。

エンジンオイルを交換する

エンジンオイルが汚れているとエンジンの加速性能が落ちてしまい、燃費が悪くなってしまいます。

エンジンオイルの汚れ確認は毎月定期的に行い、エンジンオイルの交換は3ヶ月を目処に交換するようにしましょう。

省燃費に繋がる運転を心がける

省燃費に繋がる運転の仕方として下記のようなテクニックがあります。

  • 急ブレーキを避けて、スムーズな走行を心がける
  • 車間取りを十分に取って、蛇行運転はしない(タイヤの寿命を縮める)
  • 待機、休憩時に適度なアイドリング運転
  • アクセルペダルを踏みすぎないように発進する(アクセルをいっぱいに踏み込んだ際には低速時の3倍の燃焼を消費)

空気圧をチェックする

タイヤの空気圧を確認するだけでも、燃費を向上させることが出来るようになります。

自転車と同じで、空気が抜けているとタイヤの変形が大きくなり、ころがり抵抗が増えることにより燃費が悪くなりますので、定期的な空気圧点検は欠かせません。

基本的には運転席のドアに、メーカーが指定している空気圧が記載されていますのでご確認下さい。

指定の数値を下回らないようにして、上限を超えるのは10%程度が目安となります。空気を入れたらエアバルブを閉めることを忘れないようにしましょう。

低燃費のタイヤに替える

低燃費のタイヤに交換することでスムーズな走行が可能となリ、結果として燃費を向上させることが出来るようになります。

常に重いものを積載する運搬車においては、マメなタイヤ交換は必須です。タイヤを交換する際には是非、低燃費タイヤをおすすめします。

まとめ

2トントラックの燃費はメーカーごとに燃費は異なることの、そう大差はありません。

そのため、オーナーが実際メンテナンスを十分に行うことで更に燃費を向上させることが出来ると共に、タイヤ交換や空気圧点検などをマメに実践していくことが大切です。

経営者/採用 担当者様へ|ドライバー採用したい方は必見!

「求人媒体にお金を払ったのに1人も応募がなかった...」
「今すぐドライバーを採用したい!」
などを感じている方は、ドライバージョブという人材紹介サービスがオススメです!

ドライバージョブは以下のような特徴があります。
1.完全な成果報酬型で、確実にドライバーを採用
採用が決まって初めて費用が発生するサービスとなっております。

2.無料面談設定を、大量かつ迅速に提供
多くのドライバーが集客出来ているため、無料の面談設定をスピーディーに実施することが可能です。
契約後、1週間以内に採用まで繋がった実績もあるようです。
※とある法人様の一例となります。

3.手間をかけずに、良質な求職者様を採用
キャリアパートナーが転職背景を詳細にヒアリングするため、相性のいい求職者のみ、ご紹介することができます。

このような特徴から、現在では全国のドライバーを採用したい会社(一般貨物/産業廃棄物/バス/タクシーなど)から、お問い合わせが常に来ているようです。
もしご興味がある場合は、以下のページから無料の資料ダウンロードをオススメします!

無料 資料ダウンロードはこちら >>

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手