ユニック車の吊り上げ荷重はどれくらい?2t/4tなどサイズ別にまとめてみた

   

ユニックを運転している方にとって、どのくらいの重さのものまで吊り上げが出来るかどうかは気になるところですよね。

この記事では、ユニック車のサイズごとに、最大地上揚程や作業最大半径などとあわせてご紹介いたします!

そもそも「ユニック車」って?

ユニック車とはトラックの荷台部分もしくは運転席と荷台の間の部分にクレーンが装備されているトラックのことをさします。

本来は「ユニック車」という呼び方は「古河ユニック株式会社」のクレーン車のことを指すのですが、あまりにもその呼び方が一般的になったので、それが定まっていったものです。ここでも便宜上「ユニック車」で説明していきます。

 ユニック車にも種類がある

ユニック車は大きく分けると

  • 「クレーン付き」
  • 「簡易クレーン」
  • 「ハイジャッキ」

という三種類のものがあります。

  • 大きなクレーンがついたもの
  • 荷台にクレーンが乗っているもの
  • 長いハイアウトリガーがついているもの

と考えていれば良いでしょう。

ユニック車の二大メーカーといえば

  • 「古河ユニック」
  • 「タダノ」

があります。タダノの場合はユニックと呼ばずに「カーゴレーン」と呼ぶことがあります。

 用語の説明

ユニック車を見ていく際によく使用される用語について説明をしていきます。

「ブーム」

ユニック車の最大の特徴とも言えるクレーンの竿の部分です。種類によっては何段階にも伸びて使用するものがあります。

「アウトリガー」

クレーンで重い荷物を吊り上げたときに車が横転しないようにトラックを固定する棒のようなものです。平らな地面に左右に接地してトラックを固定させます。

2トンユニック車の吊り上げ荷重

2トンユニック車とは車両総重量が5トン未満、最大積載量が3トン未満という小型トラックにクレーンが搭載されているものです。吊り上げ荷重は2.2~2.6トンほどのものが多く、簡易クレーンであれば吊り上げ荷重が2トン未満のものも多くあります。

 「古河ユニック」の吊り上げ荷重

そもそも「古河ユニック」と「タダノ」のカーゴレーンは性能や価格には大きな差はありません。

クレーンの色

  • 古河ユニックが「赤」
  • タダノが「青」

というくらいです。そのため吊り上げ荷重は2.2~2.6トンほどで変わりはありません。

 「タダノのカーゴレーン」の吊り上げ荷重

タダノのカーゴレーンを搭載した2トントラックに三菱ふそうの「キャンター」があります。

2トントラックには珍しい角足ハイアウトリガーが特徴で人気となっています。こちらは3段クレーンとなっており、吊り上げ荷重は2.63トンとなっています。

4トンユニック車の吊り上げ荷重

4トンユニック車とは車両総重量が8トン未満で最大積載量が3~5トンの中型トラックと呼ばれるトラックにクレーンを搭載しているものです。

とにかく汎用性が高いことが人気で様々な業種でもっとも利用されているサイズとなっています。

 「古河ユニック」の吊り上げ荷重

古河ユニックの4トンユニックは大抵が吊り上げ荷重が2.63~2.93トンの間となっています。この重さを超えると安全手続き上かなり手間が増えるために使用頻度が大きく下がると言われています。

 「タダノのカーゴレーン」の吊り上げ荷重

タダノのカーゴレーンを搭載したユニック車に三菱ふそうの「ファイター」があります。こちらは中型トラックではトップクラスの人気を誇る車種で、その利便性の高さが評判となっています。

こちらは4段クレーンで2.93トン吊りとなっています。また、クレーンの先端を収納できる「フックイン機能」が付いており、ラジコン装備というスペックの高さが光っています。中古車市場でもすぐに買い手が付くという人気ぶりです。

10トンユニック車の吊り上げ荷重

10トンユニック車とは車両総重量が20~25トン、最大積載量10トンほどの大型トラックにクレーンを装備したものになります。かなり大きなサイズにはなってきますが吊り上げ荷重は2.63~2.93トンほどであることは変わっていません。

「古河ユニック」の吊り上げ荷重

古河ユニックを装備している車種で有名なのがいすゞ自動車の「ギガ」です。

こちらはラジコン付きフックイン付きであることはもちろん、希少価値の高い「5段クレーン」となっており、かなりの人気車種となっています。吊り上げ荷重は2.63トンとなっています。

 「タダノのカーゴレーン」の吊り上げ荷重

タダノのカーゴレーンを搭載した10トンユニック車もほぼ同様です。吊り上げ荷重は2.63~2.93トンほどで、安定性を高めるために「角足アウトリガー」が標準装備されているものがほとんどとなっています。

だいたい同じくらいの吊り上げ荷重

こうしてそれぞれのサイズのユニック車を見ていきましたが、「古河ユニック」「タダノのカーゴレーン」のどちらも吊り上げ荷重は「2.63~2.93トン」の間に集中していることがわかります。

これは吊り上げ荷重が3トンを超えるとクレーン安全規制が急激に厳しくなることが関係しています。手続きに必要な書類などが一気に増える割には一度に3トンの吊り上げをすることはそれほど多くないために、これを避けているのです。

まとめ

ユニック車には「古河ユニック」「タダノ」の二大メーカーがありますが、それらにはそれほど大きな差はありません。クレーンに差がないので選ぶ際には単純に車種で選ぶのが良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

 - トラック運転手