大型トラックのリミッター解除は罰則/通報がある!速度制限がかかっている意味とは

   

高速道路は信号や遮るものがないので、スピードを出して早く目的地を目指したいものですよね。しかし、そんなドライバーをイライラさせるのが、トラックに装着が義務付けられている速度制御装置、通称リミッターです。

90kmを超えると速度制限がかかり、他の車に抜かされていくと、リミッターを解除したいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで、リミッターの解除の違法性についてご紹介していきたいと思います。

リミッターがドライバーに与えるストレス

リミッターは安全走行をサポートするものですが、名前の通りセーブする目的の装置のため、逆にドライバーストレスを与えてしまうこともあるでしょう。

まずリミッターがかかると最高速度が90kmまでしか出すことができないため、追い越しが非常に難しくなります。

特に同じリミッターが効いたトラック同士の場合、中途半端に並走することになり、いつまでたっても追い越せない状態が生まれます。そうなるとドライバーからかなりのストレスが生まれるでしょう。

また、速度が同じでなくとも、ジワジワとしか距離が詰められないためにいつまでも追い越し車線を走ることになるため、追越車線を塞いでしまいます。それにより後続の車もどんどん詰まり、周りのドライバーにも大きなストレスを与えてしまうでしょう。

さらに高速道路を一定スピードで走行することで運転の変化が少なくなり、眠気などが襲い睡魔と戦い続けるという別のストレスも発生することもあります。

リミッターが付けられている大きな意味

リミッターが付けられている意味は大きく2つあります。

1つ目が、高速道路でのスピード超過による悲惨な事故発生を低減させるという意味があります。特に大型トラックとなると重量が20トンを超えるものも存在し、この巨大な鉄の塊が時速90キロ以上でぶつかって来たら…そう考えるとリミッターの重要性が理解できると思います。

事実リミッターの装着が義務付けられてから、トラックの高速道路での死亡事故件数は大幅に低減しています。

2つ目は、リミッターを付けて一定走行することにより、無駄にアクセルを踏み込まずにエンジンの回転数を一定にすることができるため、二酸化炭素の排出量低減にも繋がります。

もし今後大型トラック全車にスピードメーターが取り付けられた場合、自動車からの二酸化炭素排出量を大幅に削減できるでしょう。

解除するリスク

リミッターがあることによってドライバーのストレスにもなることがわかりました。だからと言ってリミッターを解除すると不利になることもたくさんあるため、くれぐれも解除しないようにしましょう。

車検に通らない

不正改造は多種多様で、実際に走行している車両も見かけると思いますが、そのまま使用し続けていても車検に通すことができないため、必ず元に戻さなければいけなくなります。

車検時のスピードメーターの検査は、時速40キロで実施するため、実際にリミッターカットの検査は車検では実施していません。

そのため、車検時にスピードリミッターのステッカーが貼ってある、または「速度抑制装置装着証明書」を見せることでリミッター装着を証明する必要があります。

不正改造は通報、改造される

大型トラックのリミッター装着は国土交通省により2003年(平成15年)から義務付けられ、それに準じて社団法人日本トラック協会も注意啓発を強化しています。

具体的には不正改造車を発見した際はナンバー、場所などを控えトラック協会に通報することができます。

よって、リミッター解除などの不正改造をおこなったまま走行すると目撃者に通報されると思っておいた方がいいでしょう。もちろん通報されたドライバーは指導の対象となり、そのまま放っておくと以下の通り懲罰が科せられることがあります。

不正改造は罰則の対象に

まず、不正改造自体おこなってはいけないということです。不正改造をおこなった業者に対し、違反すると6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金が科せられます。

さらに、不正改造車の使用者(トラック所有者)に対し、保安基準に適合させるために必要な整備を行うことが命ぜられます。これを発令されると、15日以内に必要な整備を行わないといけません。そのままにしておくと50万円以下の罰金が科せられます。

また、不正改造車の運転手も罰せられますのでお気を付けください。その場合は3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金が科せられます。不正改造に関わったものは全て罰せられるため、不正改造車には関わらない方がよいでしょう。

命を第一に荷物を正確に届けてこそプロ

ここまでたくさん処罰について書きましたが、処罰されるから不正をしないという考えではいけません。

トラックでの輸送の仕事は、たくさんの人が使う公道を利用し、一歩間違うと人の命を奪うことにもなりかねない大きなものを運転し仕事をしているという責任を持つことが大切です。

また、安全運転で正確に目的地まで輸送するというプロのドライバーとしての自覚を持つことも重要となります。ルールを破ってリスクを取りながら利益を出すことより、ルール・マナーを守り続けることの方がずっとプロ意識があるといえます。

なぜなら、無事故無違反のドライバーの割合は全国的に少ないため、無事故無違反であることは安全運転で正確な輸送ができる人であると判断できます。そのため社会的にも信頼され、あなたの評価に繋がることでしょう。

まとめ

リミッター解除は違法な行為であることのため、ストレスを感じないように運転することが重要となるでしょう。そのため、まずは余裕を持った運行スケジュールを立て、スピードを出さなくても大丈夫な状態を作るようにしましょう。

さらに運転中もストレスを溜めないように、車内でラジオやお気に入りの音楽を聞くなど、自分にとって最適な環境を作ることをおすすめします。余裕を持った運転でリミッターの存在も忘れるほどマイペースに安全運転できるようにしましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、3位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手