7トン車の寸法/サイズ/荷台の高さ/大きさ/長さ/車幅はどれくらい?メーカーごとのサイズは違うの?

   

7トン車のサイズがどれくらいなのかご存知でしょうか?

5トンでもなく10トンでもない7トン車は、荷物は多く積みたいけれど、大型は運転できない...などの場合に便利です。7トン車の特徴やサイズについて見ていきましょう。

7トン車の特徴

まずは7トン車とはどんな車の事なのかについてをわかりやすく説明していきましょう。

大型と中型の間くらいの大きさ

2トン車、4トン車、10トン車という大きさのトラックの事はよく聞くけれど、7トン車ってあまり聞いた事ないんだけど?という方もいらっしゃるでしょう。

確かにこの微妙な大きさの車両ってめずらしいですよね。実は7トン車というのは一般的な車両の大きさではありません。どういう事なのかというと実は7トン車は大型車と中型車の間の大きさのトラックなのです。

5.7トンとか6.8トンとか8トンといったような微妙な大きさのトラックの事を言うのです。もっと簡単に言えば中型車より大きくて大型車より小さいトラックという事になります。

別の言い方ではでは増トントラックと言います。

中型より積載量が増える

7トントラックというのは中型トラックよりも荷物を多く積載する事ができます。なぜこんな半端なトン数になったのかというと、4トンでは運べる荷物が少ないけれど10トンも要らない

こういう場合に増トントラックは大変役立つのです。詰める荷物も4トンに比べるとおよそ倍近くは積み込む事ができますので、大型車を使うとちょっと少ないといった問題も解決する事ができるわけです。

小回りが利く

大型車よりも車体が小さいため小回りが利きます。大型車だと入れない場所でも入っていけますし、駐停車する時にも大型車よりも扱いやすいというメリットがあるのです。

ある程度余裕のある積載量を持ち、小回りがしやすいので利用する業者が増えているのは事実ですが、実はその裏側には経済面で大型よりもコストが安いというのがある事も忘れてはいけません。

運転しやすい

大型車と比べると小さいので運転がしやすいというメリットがあります。実は実際に運転してみると4トンよりも大きいのに運転は驚くほど安定性があります。

さらに大型車に比べても大きすぎないので地面が近く、安全面に配慮しながら運転できるのも良いですね。中長距離を走った時に4トンだと休憩が取りにくいと言う経験された方も多いでしょう。

ですが増トントラックは中型よりも大きいのでゆったりとした環境で休憩を取る事ができます。これも7トン車の特徴の一つだと言えるでしょう。

7トン車のサイズの見方

7トン車のサイズはどのようにして見るのか?見分け方や寸法についてをわかりやすく説明いたします。

 

大型・中型・小型の分け方

トラックには

  • 小型トラック
  • 中型トラック
  • 大型トラック

があります。一般的な荷物の輸送に使うトラックはこの3つのタイプに分かれていますが、この3つのタイプを見分けるにはどこに注目したら良いのかを説明します。

まず小型は2トン程度の大きさなのでとても小さいです。最大積載量と車体の寸法で小型・中型に分類しますが、中型と大型は大きさがそれほど変わらないものも多くなりましたね。

例えば7トンはその代表的なものです。この場合は車両総重量で分けられます

車両寸法と荷台寸法

小型の車両寸法

  • 全長『4,700mm以内』
  • 全幅『1,700mm以内』
  • 全高『2,000mm以内』
  • 最大積載量『3,000kg以内』
  • 車両総重量『5,000kg以内』

となっています。

中型の車両寸法

  • 全長『12,000mm以内』
  • 全幅『2,500mm以内』
  • 全高『3,800mm以内』
  • 最大積載量『6,500kg以内』
  • 車両総重量『11,000kg以内』

となっています。

大型の車両寸法

  • 全長『12,000mm以内』
  • 全幅『2,500mm以内』
  • 全高『3,800mm以内』
  • 最大積載量『6,500kg以内』
  • 車両総重量『11,000kg以内』

となっています。

各メーカーの7トン車のサイズ目安

日本のトラックメーカーを代表する3社の7トン車のサイズの目安をご紹介いたします。

ちなみに全ての増トントラックが同じ寸法ではありません。あくまで目安となりますので詳しくはディーラーなどにお問い合わせください。

いすゞ「エルフ」

いすゞのエルフと言えば中型トラックの中でも乗り心地も良く人気の車種です。7トントラックの代表的な『いすゞエルフ フォワード』の寸法をご紹介いたします。

  • 最大積載量7,400kg
  • 車体総重量6,600kg
  • 全長941mm
  • 全幅234mm
  • 全高3960mm

となっています。箱車の場合は全高が変わります。最大積載量が一般的な中型車よりも多いのがわかりますね。

日野「レンジャー」

日野レンジャーはトラック運転手としては一度は乗ってみたいトラックです。運転手の仕事をして日野レンジャーを与えられると大喜びする方も多いでしょう。

  • 最大積載量6,600kg
  • 車体総重量10,900kg
  • 全長5,910mm
  • 全幅2,340mm
  • 全高3,390mm

となっています。

三菱ふそう「キャンター」

三菱ふそうというとダンプカーというイメージが強い方もいらっしゃるかもしれませんが、とても頑丈で壊れにくいという特徴があって、多くの運送会社で利用しています。

  • 最大積載量8,500kg
  • 車体総重量13,250kg
  • 全長7,540mm
  • 全幅2,290mm
  • 全高2,565mm

となっています。

まとめ

今回は7トントラックとはどんなものなのか?特徴や寸法そして各メーカーの増トン車の寸法のおおよその目安についてご紹介いたしました。維持費など経費を抑えて運用ができるのでとても魅力的な車だという事がわかっていただければ幸いです。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手