冷凍車の霜取りのやり方とは?庫内が冷えにくくなる原因も合わせて紹介!

   

冷凍車の運転中に、運転席にある操作パネルに「DEF」と表示されたことがある方は多いのではないでしょうか。

「DEF」とは故障ではなく霜取りのことなのですが、経験がないとよく分かりませんよね。そこで今回は、冷凍車には欠かせない霜取りについて詳しくご紹介していきたいと思います。

霜取りとは?

冷凍庫内の中の冷却装置の付近や冷凍庫内に風を送り込んでいるファンに発生してくるのが「霜」です。

これは十分に冷却されずに熱を持った状態の空気が温度差によって発生するものです。冷却性能が正常でない場合や様々な原因によって発生します。

本来であれば自動で霜取りを行ってくれるようになっていますが、あまりにひどい場合は手作業で霜を取っていく必要があります。

霜取りが表示されたら?

霜取りが必要になると基本的には自動で機械が霜取りを行ってくれるようになっています。

自動で霜取りが行われている間は温度がどんどん上昇して表示されますが、これは冷凍機自体の温度ですので気にする必要はありません。だいたい30分ほどで終了します。

また、機械が不調なときや旧型の冷凍機などでは自動で霜取りが十分に行われないことが多くあります。

その場合は手作業で行うことになります。堅く付着している霜は取り除くのが非常に大変で、時間と手間がかかります。

堅くこびりついた霜を無理に剥がそうとすると機械が故障したり、作業者がケガをしたりすることがありますので十分に注意しなければいけません。

頻繫に霜取りが必要な時は?

冷凍庫ではどうしてもある程度の霜は発生してしまうものですが、頻繁に霜取りを行わなければならないということになると何かしらの異常が考えられます。

冷凍機の故障、自動霜取りシステムの故障、冷凍庫の気密性に不具合などです。

また、システム以外の原因としては「冷却温度と積み荷数の不一致」「荷物の積み方に問題」といったものもあります。

常に荷物が少なすぎたり、偏った荷物の積み方をしていると霜が頻繁に発生することにつながる場合があります。

冷凍機に霜が付いたり冷えにくくなる原因

予冷不足

勘違いをしている人がいますが、冷凍庫は低い温度に保ちながら運搬するためのものです。冷凍庫内に侵入してくる熱や扉を開閉した際の損失熱、積み荷の呼吸熱を取り除く能力は備えていますが、

積み荷の温度自体を下げたり、凍結させるという機能はありません。理想としては積み荷と冷凍庫内は前もって輸送する際の適温まで予冷しておくことです。

十分に予冷できていれば温度差によって霜が発生することを防ぐことができます。

通風孔を空けていない

冷凍庫内はスムーズに空気が循環していなければいけません。

冷凍庫内を正常な一定で均一の温度に保っていくためには積み荷などで冷気の吹き出し口を積み荷などでふさいでしまってはいけません。通風孔は正しく開けておきましょう。

積載物の容量が少ない

冷凍庫に積み荷を積む際は入れすぎはもちろんいけません。冷却システムの不具合の原因にもなりますし、通風孔をふさいでしまう原因にもなります。

また、逆に積み荷の容量が少なすぎるのもよくありません。積み荷が少なすぎると過剰に冷却した状態が続いてしまうために冷却システムに不具合を起こしやすくなります。

冷却ガスの減少

経年劣化や整備不良などによって冷却ガスが正常に出ないということがあります。

これは機械の故障に関係しているものですので、できる限り早く専門家の点検を受け、故障している部品を交換したりして機能を回復させましょう。

ドアの開閉が多い

冷凍庫の扉を開くと当然、外の空気が冷凍庫内に入ってきて温度を上昇させます。特に夏の高温の際などはかなり熱い空気が入り、冷やす、また扉が開いて熱い空気が入るの繰り返しになります。

そうなると霜も発生しますし、冷却システムの故障にもつながっていきます。扉の開閉はできる限り少なくし、扉を開いている時間も短くしていくことが必要です。

冷凍車でエラーが表示されたら?

冷凍庫で何かしらの異常が発生するとエラー表示がされるようになっています。仕様書や説明書などにそのエラーコードが何の不具合を表しているのかを確認して対応をとる必要があります。

一般的にはエラーコード対応表を見ればすぐに原因はわかるようになっています。あとは自分で対応できるものか、専門業者でなければいけないかを判断していきましょう。

まとめ

冷凍庫が備えられている車では霜取りなどの作業を行うことがあるかもしれません。それが正常の範囲なのか、何か故障によるものなのかは霜取りをする頻度やエラー表示などを参考にしていきましょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手