人手不足のトラック運転手で年収を上げる方法

   

 

人手不足といわれるトラック運転手で高収入・高待遇の仕事に就くための方法について記載しています。

 

トラック運転手の仕事選びについて知りたい方、これからトラック運転手になろうか迷っている方、転職を迷っている方などは参考にして下さい。

 

人手不足のトラック運転手でも高待遇・高収入が見込める

トラック

 

トラック運転手は新3K(キツい・危険・帰れない)と言われてきましたが、現在は企業側も労働者の獲得、定着に力を入れており、会社選びで失敗しなければしっかりと休みとのバランスをとりながら比較的高い給料で働くことも十分可能な時代となってきています。

 

人手不足と言われているトラック運転手ですが、それは逆にいうと労働者の需要が高いということです。そのため多くの求人が出ていますが、会社によって待遇や収入やピンキリとなっています。

 

以下で人手不足と言われている理由・背景とそこで働くメリットとデメリットを解説していきます。

 

なぜ人手不足が叫ばれているのか?

Amazon_配達

トラック業界で人手不足といわれている原因は以下のものが挙げられます。

 

1.トラックの積載効率や待ち時間の効率の悪さ
2.ECサービス(Amazon/楽天)の成長と普及
3.仕事内容がキツいというイメージ

 

それぞれについて下記で言及していきます。

 

1.トラックの積載効率や待ち時間の効率の悪さ

 

国土交通省のデータではトラックの積載効率は約41%と言われています。これはトラックが積める最大の量の半分以下しか荷物が載せられていないということです。

 

街で多くのトラックが走っていることを見かけると思いますが、1台あたりのトラックに載せられている荷物の量はそれほど多くなく、より効率の良い配送システムが必要となっています。

 

2.ECサービス(Amazon/楽天)の成長と普及

 

みなさんもよく利用すると思いますが、以前に比べてAmazonや楽天などのインターネットショッピングを利用する人が増えてきた影響で、個人向けの荷物の配送の需要が大きくなっています。

 

これはトラック運送業者からすると、個人向けの運送の仕事が多くなったということです。より多くのトラック運送者が必要とされる原因の大きな理由となっています。

 

3.仕事内容がキツいというイメージ

 

以前のトラック運転手の業務内容は肉体労働で多くの体力が必要とされるとされてきました。

 

また事故の際の損害賠償や、交通違反の罰金なども自分で負担させられる場合も多くありました。

 

長距離の配送ではなかなか休みが取れず、自宅に帰ることも難しいこともあります。

 

しかし、これらは人手不足を解消するために労働環境を改善しつつある現在では解消されてきた傾向にあります。

 

肉体労働はフォークリフトの活用により機械に代替され、損害賠償や罰金については会社側が負担するという企業も多くなってきました。長距離配送についても4時間に30〜40分の休憩を義務付ける規定ができてからは、定期的な休息や仮眠が取れるようになってきています。

 

トラック運転手で働くメリットとデメリット

配達員

 

以上の理由からトラック運転手の需要は高まっており、獲得や定着の観点から労働環境は改善しつつあります。ではどのような方がトラック運転手に向いているのかを説明していきます。

 

トラック運転手のメリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット
1.転職がしやすく、高待遇・高収入の仕事にも就くことが出来る
2.人間関係で悩むことが少ない
3.運転が好きな人は好きなことができる時間が多い
4.年をとっても働ける環境
デメリット
1.空き時間や待機時間がある
2.資格を必要とする場合がある

 

それぞれを以下で解説していきます。

 

メリット

1.転職がしやすく、高待遇・高収入の仕事にも就くことが出来る

 

これからも人手不足が予測されるトラック運転手では企業側は人材の獲得・定着のためにより良い条件を提示していくことが予想されます。

 

そのため、今の段階から経験を積んでいた方には更に良い条件を提示してでも自社で採用したいという企業が増えてきます。就職に困るということはしばらくないかと思われます。

 

2.人間関係で悩むことが少ない

 

トラック運転手は運転している時間が多いので、オフィスワークのように社内の人とのコミュニケーションを必要とする場面は多くありません。

 

人付き合いは苦手だけど、しっかりと働いて稼ぎたいというかたにはおすすめです。

 

3.運転が好きな人は好きなことができる時間が多い

 

2.でも述べたとおり運転が主な業務となりますので、運転が好きな方からすると天職だと思います。

 

一部デメリットでも述べる空き時間や待機時間があることは頭に入れておきましょう。

 

4.年をとっても働ける環境

 

トラック運転手は50〜60代で働いている方も多くいます。

 

今後は労働者の需要は更に高まっていくことが予想されるので、年をとっても仕事に困ることは少ないと考えていいでしょう。

 

デメリット

1.空き時間や待機時間がある

 

次の配送や荷積みまでの待ち時間は避けて通れません。1日中運転している訳ではない点については注意が必要です。

 

多くのドライバーはこの空き時間や待機時間に仮眠をとって、次の運転に備えています。

 

2.資格を必要とする場合がある

 

中型や大型のトラックを運転するには普通免許とは別で免許が必要になります。

 

大型免許を持っていれば更に稼ぐことができるため、今後のキャリアを形成していくにあたっては検討してもよいかと思います。

 

都道府県内や市内などの比較的狭い地域内の配送は普通免許だけでもよいことが多いですので、普通免許だけでも十分活躍できます。

 

失敗しないトラック運転手の会社選び

会社_景色

 

トラック運転手には以上で述べた中にもあった通り、条件面や仕事内容でも様々な求人がでており、迷う方が多くいます。

 

しっかりと比較をせずに適当に決めた会社の条件が良くないことを会社に入ってから知ったということがないように求人の比較ができる求人サイトを活用することをおすすめします。

 

私が確認した中では、転職エージェントサービスのDODAが、多くのトラック運転手案件を扱っているのでおすすめです。

 

トラック業界に精通しているエージェントもいるので、まずは登録だけ済ませて、どんな案件があるのか見てみることをオススメします。

 

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)無職LP

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 急募案件あり!無職のドライバー向け無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国
・年齢:10代~60代以上全て
・就業状況:無職(離職中)、離職予定

ドライバー専門の求人サービスで、急募案件を多く扱っている特徴があります!
なので、1週間以内の就職/転職が可能です。
再就職手当/失業手当の対応も可能なので、離職中のドライバーにオススメです!
条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【急募案件あり】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【3位】 マイナビエージェント

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

マイナビエージェントは、全国で幅広く求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、マイナビエージェントは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

マイナビエージェント

 - トラック運転手