「バタ踏み」とは?ブレーキが効かなくなる危険性があるため注意しましょう!

   

エアーブレーキを搭載している車を運転する際に、注意しなければならない「バタ踏み」。危険な行為ではありますが、あまり聞きなれない言葉で、何のことか理解できない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、エアーブレーキ搭載車であるトラックを運転するなら、必ず知っておかなければならないバタ踏みの危険性についてご紹介していきたいと思います。

バタ踏みとは?

「バタ踏み」とは、その名前からも、連想できるとは思いますが、走行中や停止中にブレーキペダルを踏み込んだり、緩めたりする行為を短時間に繰り返すブレーキペダルの踏み方のことです。

一般的に、ブレーキペダルの踏み方として、使用されることが多い用語ですが、アクセルペダルを均一に踏み込んで、車両の速度を一定に保っておくことが苦手な方の場合、アクセルペダルでもバタ踏みしていることがあります。

エアーブレーキ搭載車でバタ踏みをすると…

エアーブレーキが搭載されている車は、主に4t以上のトラックですが、トラックはエンジンをかけているときは、付属しているエアータンクに、自動でエアーと呼ばれる空気を圧縮して貯められるようになっており、エアーを利用してブレーキやクラッチなどを補助してます。

しかしバタ踏みをしてしまうと、エアータンクが空になってしまい、ブレーキが利かなくなったりして、重大な事故につながる恐れがあります。

バタ踏みが原因でエアーがなくなると

ブレーキが効かなくなる

エアーブレーキを搭載している車で、バタ踏みを多用すると、ブレーキを補助するエアータンクの中のエアーと呼ばれる空気が無駄遣いされ、ついには空になってしまいます。

そうすると、いざ、車を止めなくてはならない場面で、エアー不足でブレーキが利かず、例えば、追突したり、衝突したりといった、重大な事故につながります。

クラッチが踏めなくなる

トラックのクラッチは、普通の車より重いので、それを補助するためにエアーが使われています。ここでも、バタ踏みを多用することにより、エアータンクが空になり、エアー不足で、クラッチが利かなくなる恐れがあります。

ギアが変えられない

バタ踏みによる、エアー不足では、クラッチが利かなくなる恐れがありますが、クラッチが利かなくなると、ギアチェンジができなくなります

ギアが変えられないと、特に長い坂道などで、ギアを落としてエンジンブレーキを使用する必要がありますが、高いギアで、坂を下ることになり、大変危険です。

バタ踏みが原因の事故は多発している

バタ踏みが原因とみられる事故は、多数発生しています。上述のように、ブレーキが利かなくなることによる追突や衝突事故。

また、バタ踏みをしてしまうのは、下り坂やカーブが多いです。下り坂やカーブが多く見通しの悪い道でバタ踏みを多用し、ブレーキが利かなくなったことが原因と思われる転落事故も多数発生しています。

例えば、2016年に起きた、軽井沢スキーバス転落事故も、バタ踏みが事故の一因となったのではないかと考えられており、この事故では15人の命が失われています。

年式の古いトラックには特に注意しよう!

年式の古いトラックは、各部品が、経年劣化しています。また、現在の新しいトラックと比べると、性能の面でも劣ります。

こうしたデメリットを抱えた、年式の古いトラックで、バタ踏みを多用するということは、それだけエアー不足を起こす可能性も高く、十分注意しなければなりません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「バタ踏み」の意味、その危険性について、ご理解いただけましたでしょうか。

特に、普段載っている車で、バタ踏みの習慣が身についてしまっている方が、トラックに乗った時もついバタ踏みをしてしまう、といった場合は特に注意が必要です。

危険性を十分認識したうえで、トラックの運転に当たってください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - トラック運転手