初心者向けに軽トラックの運転のコツを解説!AT車とMT車でどのくらい違うの?

   

初めて軽トラックを運転する時は、様々な不安が頭を過りますよね。安心して軽トラックを運転するためにも、軽トラックを運転するコツを学んでおきたいものです。

それでは、初心者でもできる軽トラックの運転のコツをご説明しましょう。

軽トラックの特徴について

軽トラックには様々な特徴があります、一般的なトラックよりも税金や維持費が安く、それでいて軽いのでどんな道でも軽々と進める取り回しの良さが最大の特徴だと言えるでしょう。

車体も小さいので狭い道でも簡単に進めますし、最大積載量は一般的なトラックと比べると低いものの、それでも様々な荷物を積み音で運べる利便性は一般的な自動車よりも高いです。

軽自動車メーカーであれば全てのメーカーが軽トラックを販売しているため、軽トラック選びが重要になるでしょう。

軽トラックを運転するコツについて

一般の普通車との違いについて

一般の普通車と軽トラックを比べてみると様々な違いがあることが分かります。まず、軽トラックは普通車よりもサイズが小さいことがほとんどですが、内輪差はそこまで変わりません

前輪が運転席のほぼ真下にあることが多く、運転席がほぼ直立なので疲れやすいでしょう。また、普通車よりも車高が高いので段差があっても運転がしやすいです。

普通車では通れないような場所でも軽トラックなら通れるというケースも珍しくありませんし、高速道路を走っていると風に煽られやすいので注意が必要です。

ギアチェンジについて

軽トラックでギアチェンジを行うコツは、アクセルを離したらすぐにクラッチを踏み込み、ギアをチェンジしてゆっくりとクラッチを離すという方法です。

ギアチェンジを行うタイミングは最初のうちは慣れないかもしれませんが、何回もやっているうちに自然とギアチェンジができるようになることが多いです。

また、加速と減速によるエンジン音と振動数でギアチェンジのタイミングを計る方法もあります。何度も練習を積み重ねることで自然とできることなので、感覚を掴めるようになるまで練習を繰り返しましょう。

バックをする際のコツについて

軽トラックでバックをする時のコツですが、慣れないうちは遅くてもいいのでドアを開けてバックしたり、ルームミラーやサイドミラーを確認しながらバックするのがコツです。

後方確認を誤るのは一番やってはいけないことなので、くれぐれも後方確認を怠らないようにするのが一番のコツです。

また、軽トラックの運転を練習する時に誘導してもらう人と一緒にバックの練習を繰り返すのもおすすめです。誘導してくれる人がいればコツを掴みやすくなるので、慣れないうちはコツを掴むために練習を繰り返しましょう。

カーブの際の注意点について

カーブする際に注意したいのは、後方や壁、隣などをよく確認すること、そしてハンドルの切り方です。

軽トラックは車体が大きく、曲がる際にコツが必要なので上手く曲がり切れないと壁に接触したり、他の車に接触したりする恐れがあるので十分に注意しなければなりません。

慣れている人でも危険なことに変わりはないので、カーブする際には周囲をよく確認して危険がないかどうか確認してから焦らずにハンドルを切ることが大切です。

また、カーブする時はくれぐれもスピードがある状態で行わないようにしましょう。スピードが出ていると曲がり切れない可能性が高くなるので、しっかりと減速することが重要です。

MT車を運転するコツについて

ギアチェンジのコツについて

軽トラックの発進や停止の際にギアチェンジをしてクラッチに繋ぐと軽トラックが揺れてしまうことがあります。これはシフトチェンジに必要な回転数を間違えていることによって起こります。

逆に言えば適切な回転数であればシフトチェンジが上手くできるようになります。シフトチェンジを上手にするコツとして、シフトノブを奥まで入れるのではなく、ギアの入り口に一度軽い力であてていく動作が肝になります。

エンジンが適切な回転数まで落ちていくと、軽い力だけで吸い込まれるようにシフトノブが動くので、そこがシフトチェンジを行う絶好のタイミングとなります。

後はクラッチ操作を最後まで丁寧に行い、踏んでいたクラッチをゆっくりと上げていくことで、上手に発進や停止ができるでしょう。

クラッチについて

初心者がMT車の軽トラックを運転する時に失敗しやすいのが、クラッチの操作です。AT車にはクラッチがないのでAT車の感覚で運転すると確実に失敗してしまうでしょう。クラッチがスムーズにできるかどうかでMT車の運転が違ってくるので、是非ともコツを覚えましょう。

 

クラッチを操作するコツは、まず最初にブレーキを踏み込みながらハンドブレーキを解除し、ブレーキから足を離してアクセルを踏み込みます。アクセルを踏み込むとエンジンの回転数が上がるので、徐々にクラッチから足を離します。車が動き出したらクラッチを離していた足を固定し、車が進み始めたらクラッチから足を完全に離すのがコツです。

エンストしないコツについて

MT車を発進させる時のやり方を間違えてしまうと、いとも簡単にエンストしてしまうのでそれだけは避けなければなりません。MT車でエンストしないコツは、アクセルを踏み込まずにクラッチをゆっくりと離すことです。

ブレーキを踏み込んだ状態でクラッチを徐々に離していくと、エンジンの回転数が下がり始めます。エンジンの回転数が下がり始めた時にブレーキを離すことで、エンストせずにMT車を発進させることができます。

エンストしてしまった場合の対処方法について

もしも車がエンストしてしまった時は、すぐに車を停車させましょう。その後、ギアを1速にしてフットブレーキとクラッチをしっかりと踏みます。そしてエンジンを再始動させていくのがエンストした時の対処法になります。

特にエンジンに負担をかけている時や坂道を走行している時にエンストしやすいため、しっかり集中して運転することが大切です。

AT車とMT車のメリットデメリットについて

AT車のメリットについて

AT車のメリットは、MT車のように複雑な操作を必要としないので初心者でも比較的簡単に運転することができる点です。

シフトアップやダウンを行う必要性もありませんし、何よりクラッチを自分で操作することもないのでエンストすることもありません

また、坂道を走行する時もアクセルを踏まなくても車が進むクリープ現象が発生するので、坂道でも事故を起こしにくくなります。これらの安心機能によって周囲への気配りに集中できるようになるため、一層の安全運転がやりやすくなるでしょう。

AT車のデメリットについて

AT車には様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

まず、AT車の運転に慣れているとMT車を運転する時になって操作方法が分からず、簡単にエンストするようになったり、クラッチの操作方法が分からないなどMT車に切り替える上で重要なデメリットが多くあります。

また、自動変速による繊細なコントロールもできず、2速発進もできないなど運転が得意な運転手にとっては相性が悪いと言わざるを得ません。自分好みの運転がしたいならMT車がおすすめです。

MT車のメリットについて

MT車のメリットは、クラッチやギアなどが自分自身で自由に調整することができるので、自分の感覚で運転できることです。AT車のように自分で操作できないことはないので、燃費の調整も思うがままです。

ギアを2速にすれば燃費を抑えながら発進することができますし、スリップを防止するテクニックもできることから自分のドライビングテクニックが色濃く反映されます。

このことから、AT車では満足できる運転ができなかった人におすすめできるでしょう。

MT車のデメリットについて

MT車のデメリットは、良くも悪くも自分のドライビングテクニックが色濃く反映される…でしょう。

AT車にはなかったクラッチやギアの自動変速がないため、AT車に慣れている人がMT車に切り替えると上手く運転できない可能性が高いです。

操作を間違えると簡単にエンストしてしまうため、エンストするのを嫌がってMT車の免許よりもAT車の免許を取得する人が増えている傾向にあります。

エンストしないようにコツを掴むか、最初からMT車の練習を行う必要性があるでしょう。

MT車の坂道での運転について

MT車で坂道を発進する時は、クラッチを繋ぐタイミングを間違えるとどんどん後方に下がってしまいます。したがって、坂道を走行する時はアクセルをよく踏み込んでエンジンの回転数を上げることがコツです。

特に上り坂はエンジンパワーが重要になるので、ギアチェンジの操作も重要です。坂道でギアチェンジを行う時は、いつもより1段階落とすのがコツです。

パワー不足でスピードが出ないのであれば、ギアを1段階落とすようにすればスムーズに坂道を倉庫することができるでしょう。

マニュアル車を運転するための免許について

AT限定のみの人が運転するには?

AT限定の免許を取得している人がMT車を運転するには、限定解除を行わなければなりません。運転免許試験場と指定自動車教習所で限定解除ができますが、試験場の場合は一発試験を受けて合格しなければなりません。

試験の内容は簡単で、MT車を運転できるだけの技能があるかどうかをチェックするだけです。無事に試験に合格すれば、晴れてMT車を運転することができます。

まとめ

初心者が軽トラックを運転する時は、とにかく焦らないことと周囲をよく確認することです。AT車とMT車では勝手が違いますが、一つ一つのコツを掴めば必ず運転できるはずです。

何回も練習を重ねてコツを掴むことが重要だと言えるでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、ドライバー人口は減少傾向でどの会社も人を採用することに力を入れており、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、ハローワークや求人媒体の情報を信じてしまい、入ってみたら年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。

より自分の希望を叶える会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで、すぐの転職を考えていない方でも、私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトのいい点は、下記3つです!

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社だけを調べられる
③免許や手積み手おろしなしなど、こだわりの条件で絞り込める

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に、条件が違って後悔したくない

は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

関東と愛知を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手