動態管理システムとは?動態管理システム導入をオススメする4つの理由

   

運行管理をされているかた、総務人事の方にとって、動態管理システムの導入する機会があることかと思います。

動態管理システムを入れることのメリットをご紹介していきます。

動態管理システムとは

動体管理システムとはGPSを使用し、車両やドライバーの管理・計測をリアルタイムに行うシステムの事です

オンラインで常に日々移動する車両情報を把握する事ができ、

  • 燃費の削減
  • 配送手配効率化
  • 各車両の走行データの可視化

なども可能となる為、ドライバーの安全教育の資料に使えるなど様々なメリットがあります。

近年では技術の進歩に伴い、精度の高いGPSを利用した動体管理システムを採用し管理者が会社の事務所のパソコンで車両動向を把握し、必要に応じ配送ルートの変更や情報の共有等を行う企業が増えてきています。

動態管理システムを導入するメリット

車両の位置を画面上で確認できる

従来であれば、車両が配送に出てしまうと状況確認は電話や無線でしか行えませんでした。しかし動体管理システムを活用すれば、事務所のパソコンから車両の現在位置の確認できます。

そうなれば業務をピンポイントで連絡、指示する事が可能で、急な配送以来にも迅速に対応する事ができます。また、各車両が走行しているルートを監視する事ができ、効率の悪いポイントを改善出来る様になります。

それに伴い、無駄な運転時間やガソリン代といったコストを削減できるようになります。昨今は働き方改革により労働時間の短縮が求められていて、

  • 「作業の効率化」
  • 「生産性の向上」

は企業の重要な課題になっています。動体管理システムを導入することでドライバーの生産性を高める強い味方になってくれる事でしょう。

安全管理がしやすくなる

動体管理システムを導入する事のメリットとして走行データが可視化されるという事があります。

データが可視化されれば、そのデーターをドライバーと共有する事で教育に活かす事もできますし、ドライバーの気を引き締める事にもつながります。

また、動体管理システムを導入すれば、配送ルートを効率よく最適化する事ができ、目的地にいち早く到着する事ができます。渋滞状況、天候なども事前に把握する事ができます。

そうなればドライバーの負担が軽減され、事故の原因になりうる無理な配車も抑制する事ができる様になります。

日報を書く手間がはぶける

動体管理システムには、日報を自動で作成する機能が搭載されているものもあります。日報の作成はドライバーにとっては大きな負担となっています。

動体管理システムを導入することで、日報の作成作業を自動化すれば、

  • ドライバーの負担軽減
  • 減らした時間を違う業務に充てる

などができます。

顧客に対し正しい情報を提供できる

上記でも触れましたが、動体管理システムを導入する事により、最適化した運行ルートでより早く顧客の元へ向かう事ができます。

ですので、車両の走行状況をリアルタイムで把握できる為、顧客に対して到着時間の連絡等、配送の可視化を顧客に提供する事が可能になります。

動態管理システムを選ぶときのポイント

動態管理システムを導入する意義を考える

動体管理システム導入する上で大事なのは、企業担当者が動体管理システムを導入する事でどういった事がしたいかという事を明確にする事が大事になります。

動体管理システムは

  • 「コスト削減」
  • 「生産性向上」
  • 「安全管理」

にとても有効なツールですが、ただ、導入するだけでは、宝の持ち腐れになります。しっかり管理、運用して、顧客や従業員にデータのフィードバックを行う事で頼もしいツールになってくれる事でしょう。

自社に適した端末はどれか

動体管理システムには様々なタイプのものが存在します。

以前は大掛かりな機械を導入して費用負担もかなりのものだったのですが、最近では

  • 小型の専用端末を使って管理するタイプ

スマートフォンのアプリを利用するタイプ

などがあります。

昨今は技術革新により、大掛かりなシステムや専用ソフトが無くても、スマートフォンやクラウドを利用する事ができる為、従来より大幅に導入コストを低く抑える事ができる様になっています。

コストを考える

上記でも触れましたが、最近では、技術の進歩により、大掛かりなシステムを導入しなくても、動体管理システムを採用する事ができる様になりました。

しかし敷居が下がったといってもやはり導入コスト、運用コストはかかりますので、ご予算に応じてどのタイプの動体管理システムを導入するかを検討する必要があります。

導入に際しては使用目的を明確にし、費用対効果がどれだけあるのかをじっくり検討した上で採用するかを判断した方が良いでしょう。

動態管理システムの種類

スマホを利用した動態管理システム

その手軽さと導入コストの低さから人気なのはスマートフォンのアプリを利用したタイプの動体管理システムになります。専用端末を使用したシステムよりも導入障壁が低く低コストで導入できるメリットがあります。

スマートフォンアプリを利用するタイプの動体管理システムを導入するメリットとしては、設置工事が不要で初期費用や月額費等が低く抑えられる事が挙げられます。

また機能も豊富で後からインターネット経由で簡単に機能を追加する事ができたりと、コストを重視する企業様にとっては、とても魅力的なシステムなのではないでしょうか。

専用端末を利用した動態管理システム

豊富な機能と信頼性に定評のある動体管理システムが、専用端末を利用したタイプになります。

導入に際してはスマートフォンアプリを使用したタイプに比べるとコストはかかりますが、現在では買取り、レンタルを選択できるタイプのものもあり、レンタルにする事でコストを抑える事も可能です。

専用端末はシガーソケットにさして簡単に使う事ができます。初期設置工事は必要になりますが、以前のものより手軽に導入する事ができる様になりました。

ドラレコ・デジタコにオプションを加える

現在では「車両総重量7トン以上又は最大積載量4トン以上」の車両には運行記録系の装着が義務付けられています。

最近では様々な技術革新によりドラレコ・デジタコも進化してきて、オプションで動体管理システムを追加できたりと選択肢が広がっています。

もともとデジタコにはインターネット回線の契約が必要なのですが、デジタコやドラレコの導入を検討しているなら、その機会にオプションで動体管理システムを追加してみるのも良いのではないでしょうか。

まとめ

今回は動体管理システムを導入するメリットについて解説してきました。

最近は働き方改革によりどこの企業も

  • 「コスト削減」
  • 「生産性の向上」
  • 「安全管理」

については厳しくなってきています。上手に運用していく事で動体管理システムは頼もしいツールとして活躍してくれる事でしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >> 

[企業様はこちら]ドライバー採用媒体で業界トップクラス|無料で面接可能!

ドライバージョブ
ドライバージョブは、ドライバーに特化した採用媒体で、以下のような実績があります。
・月間3,000名、累計25,000人のドライバーからご登録。
・累計500社以上の企業様とご契約。
・中小~大手運送会社まで、幅広くご利用。

例)
㈱丸和運輸機関
㈱都市環境エンジニアリング
㈱トライマテリアル
カンナナ流通運輸㈱
シグマベンディングサービス㈱
神奈川臨海通運㈱
㈱ヤマガタ
中央通運㈱
㈱ロンコ・ジャパン
㈱ウインローダー
㈱アクシスネットワーク

料金・サービス詳細はこちら >>

 - トラック運転手