ダンプカーの最大積載量はどれくらい?大型(10t)などダンプの種類別にご紹介!

      2019/06/11

ダンプカーで運搬する場合には、最大積載量に注意して過積載にならないように配慮が必要です。

今回はダンプカーの種類によって異なる最大積載量や免許の関係、最大積載量から実際にどのくらいの量を積めるのかを求める計算例などを詳しく紹介します。

ダンプカーの種類と最大積載量とは

ダンプカーのサイズの種類はいくつかあります。具体的には、大型、中型、小型ですね。それぞれの最大積載量は各メーカーや車種によって異なるため、一概には言えませんが、積載できる量の一例は以下の通りとなっています。

  • 大型ダンプの最大積載量:9.5t程度
  • 中型ダンプの最大積載量:3.5t程度
  • 小型ダンプの最大積載量:2t程度

また、ダンプカーの種類をより細かく見ていくと、3点ダンプ、強化ダンプ、Lゲート付きダンプなど、さまざまあり、それぞれ性質が異なっています。

また、重ダンプと言われるものでない限り、公道を走ることが可能です。ただし、公道を走る場合は、最大積載量と車両総重量の両方をしっかり意識する必要があります。
車両総重量の計算式】

車両重量+乗車定員×55kg+最大積載量

ダンプカーの運転に必要な免許と最大積載量の関係

ダンプカーには多くの種類があり、最大積載量や車両総重量もいろいろです。そのため、所有する免許によっては、中型ダンプが運転できても大型ダンプは運転できないというケースが発生するのです。

そこで、運転免許と最大積載量・車両総重量の関係をご説明します。

 最大積載量車両総重量
普通免許で運転できる2t未満3.5t未満
準中型免許で運転できる2t以上4.5t未満3.5t以上7.5t未満
中型免許で運転できる4.5t以上6.5t未満7.5t以上11t未満
大型免許で運転できる6.5t以上11t以上
上記のようになっていますので、どのようなダンプカーを運転する場合にどの免許が必要なのかを踏まえておきましょう。

ただし、普通免許と準中型免許については18歳以上から取得できるものの、中型免許は20歳以上、大型免許にいたっては21歳以上でなければなりません。他にも取得にあたっての条件はありますので、その辺りもきちんと把握することが重要です。

ダンプカーで砂を運搬する場合の計算例

ダンプカーで砂を運搬するケースがありますが、どのような性質の砂なのかによって比重が異なります。乾燥している砂の比重については1.9ですので、「1.9×縦×横×高さが各1m」のいわゆる1立米程度であれば、基本的に2tダンプで運搬可能です。

ただし、砂を普通に運ぶと飛散する可能性がありますので、多少の水をかけた上で積むケースが多いです。したがって、もう少し少量を積むくらいがいいでしょう。基本的に、何を運搬するのかによって比重が異なるという点は踏まえておくことが大切です。

過積載の恐怖!最大積載量を厳守すべき理由

過積載になった瞬間に走行不能になるわけではないため、「意外といけるじゃん!」という軽い気持ちで走行してしまう人もいるでしょう。しかし、過積載は法律違反であり、やってはいけないことです。もちろん罰則規定も定められています。

具体的には、違反点数、罰金、懲役などが挙げられます。仮に事故を起こさなかったとしても、過積載というだけで罰則対象になりますので、注意しなくてはなりません。

過積載が原因となって死亡事故につながるケースもありますし、仮に道路を損傷させただけでも、損害賠償の請求を受ける可能性があります。したがって、過積載にならないように意識しながら業務を行いましょう。

また、過積載の責任の所在がドライバーだけにあるかというと、そうとは限りません。過積載を指示した事業者にも責任がいきますし、過積載を承知の上で荷物の引き渡し等を行った荷主に対しても責任がいきます。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!高待遇に求人を1分で無料検索(全国対応)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、ハローワークや求人誌、友達の紹介などで転職してしまっているからです。

もっと良い会社があるにも関わらず、面倒くさい・いつも使っているからという理由で、あまり求人を探さずに転職を決めてしまっているのです。

しかし、転職サイトなどはドライバー求人を専門にしていなかったり、検索条件がドライバー向きではなかったりして探しづらかったりしますよね。

そこで、私はドライバー専門求人検索出来るサイトで求人を探すことをオススメしています。

このあと紹介するサイトは、「ドライバー求人のみを扱った求人サイト」です。
※トラック、タクシー、トレーラー、ゴミ収集、フォークリフトなど運転を伴う求人

簡単な条件、エリアで検索すると、希望条件にあったドライバー求人のみを見つけることができます。

・転職したいが、忙しくて転職活動に時間をかけられない方
・初めての転職で、誰かに相談したい方
・ハローワークや求人誌の転職で失敗した方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の簡単無料求人検索サービス

ドライバー求人検索

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索/登録して見ることをおすすめします!

【完全無料】 1分でドライバー求人を検索する >>

 - ダンプ運転手