アイドリングストップによる燃費の向上とメリット・デメリットのまとめ

   

そろそろ車の買い替えを検討しているという方の中には、中古車ではなく新車の購入を検討されている方もいらっしゃるでしょう。最近の車は多機能ですから選ぶのが大変です。

ところで、最新の車の多くに搭載されている「アイドリングストップ」という機能について、どのくらいご存知でしょうか?今回はアイドリングストップの燃費への影響についてをご紹介いたします。

アイドリングストップとは?

アイドリングストップ機能が自動車に搭載されて久しいですが、最初にアイドリングストップ機能を搭載したのはトヨタです。

1971年にトヨタがクラウンに搭載したのが最初でした。当時は最新の機能が搭載されたという事でとても画期的な機能でしたが、最近ではどの車にもアイドリングストップ機能が搭載されていますよね。

まずは簡単にアイドリングストップについて簡単に説明しますと、アイドリングストップという機能はブレーキを踏み続けているとエンジンが停止するという機能です。

どんな時に使う機能なのかというと、信号待ちをしている時にいったんエンジンが停止して、信号が変わったら再びエンジンが点火するというわけです。

解除するにはブレーキペダルを話してアクセルを踏めばいいわけです。特別な操作を必要としないのでどなたにでも簡単に使える便利な機能なのですね。

アイドリングストップで燃費はどう変わる?

アイドリングがどんな機能なのかはわかりました。特別な操作は必要ないという事もわかりましたが、アイドリングストップ機能を使うとどんな効果があるのかを説明いたしましょう。

まず、信号待ちなどでブレーキペダルを踏み続けるとエンジンが停止するので、余計な燃料を消費しなくて済むというわけです。考え方としては割と簡単に理解する事ができますよね。

実はアイドリングストップ機能が無い車というのは、停車中もエンジンがかかった状態ですので、その間もガソリンなどの燃料を消費し続けている事になります。

でもアイドリングストップしている間はエンジンが停止するので燃費が良いという考え方です。確かにエンジン停止しているのだからその間はガソリンを使う事は無いわけです。

この効果によって仮に一日に一時間分アイドリングストップを行うと、年間で2万円~4万円程度ガソリン代が節約できる事になります。

エンジンが停止している時には排気ガスの排出も軽減されます。またエンジンが停止する事で騒音の軽減ができるという効果が期待できます。街中や住宅街では大変重宝する機能だと言えるでしょう。

アイドリングストップのメリットについて

実際にアイドリングストップを使う事によってどのようなメリットがあるのかをご紹介いたします。

燃料の節約

まずは燃料の節約をする事ができると考えられます。上記したように信号待ちをしている状態で止まるたびにエンジンが止まるので、その間のガソリンが消費されません。そのため燃料代を節約する事ができるのです。

CO2の削減

アイドリング中にエンジンが停止する事によって排気ガスが排出されません。その分大気中のCO2を減らす事ができるわけです。現在世界中で行われているCO2削減に協力できるという事になるわけです。

騒音の減少

アイドリングストップをする事によってエンジンが停止するので、その間のエンジンの音が気になりません。住宅街だとエンジンの音って結構ひびくので、アイドリングストップがついていると騒音対策をする事ができます。

アイドリングストップのデメリットについて

アイドリングストップを使う事によってどのようなデメリットがあるのかをご紹介いたします。

バッテリーへの負担が大きい

車のエンジンをかけるときもっとも大きな電力を必要とします。アイドリングストップを行う事によって、毎回大きな電力を必要とするのでバッテリーの消耗が激しくなるのが最大のデメリットになると考えられるでしょう。

万が一バッテリーが破損してしまったりした場合、量販店で格安バッテリーを入れて……というわけにはいきません。なぜならば大容量のバッテリーじゃないといけないからです。

大容量のバッテリーの価格は安くても1万円以上はします。ある程度大容量で安心できるメーカーのバッテリーを購入するとなると2万円以上はくだらないと考えても良いでしょう。

するとバッテリーを損傷するような使い方をしないよう十分に配慮する必要が出てくるという事にならないでしょうか?こうした問題を解決するためには、バッテリー消費の激しい乗り方はしないよう気を付ける必要がありそうです。

コストの上昇

コストの上昇とは何かというと、アイドリングストップを使っても乗り方によっては想定外のコストがかかる事があります。これもデメリットだと言えるでしょう。

例えば説明通りの乗り方をしていれば確かに一年で2万~4万円の節約ができると言われていますが、エンジンをかけていないとならない寒い時期や暑い真夏の場合はアイドリングストップは命取りになる事もあります。

この場合はアイドリングストップが無い車とほとんどガソリンの消費は変わりません。つまり使っている方の乗り方次第でコストは上昇してしまう可能性があるという点が問題なのです。

アイドリングストップ時のエアコン停止

アイドリングストップをしている時、どうしてもエンジンが止まるのでエアコンも停止してしまいます。冬場はまだ良いかもしれませんが夏場は先ほども触れましたが我慢できませんよね。

もしもアイドリングストップをした状態で数分経過したら車内温度は急激に上昇してしまうでしょう。命に危険を及ぼす温度に上昇するのはあっという間です。小さなお子さんやお年寄りには酷な事です。

そのためどうしてもアイドリングストップを解除して乗る事が増える事もあるのです。そうなれば当然燃料代の節約はできません。これもデメリットの一つだと言えるでしょう。

電装部品への負担増

アイドリングストップ車はブレーキを長踏みする事でエンジンを自動的に止め、アクセルをブレーキから足を離してアクセルを踏むとエンジンが始動します。

この繰り返しを行うわけですが、そのたびにエンジンをオフにしたりオンにしたりしなくてはならないため、スターターなどの部品の消耗はかなり激しいのが特徴です。

定期的に交換しないと電装部品への負担が増えてしまいます。故障の原因や不具合の原因にもつながるので、違う意味でのコストがかかる事もある可能性もあるようです。

5秒以下の停車時は使わない方が燃料の節約になる

結局アイドリングストップ機能を使うのは良くないのかについてをお話しましょう。普通に考えるとアイドリングストップを使うとかなり燃費が向上すると思うかもしれません。

ですが運転をしている方の中で、どのくらいの方がアイドリングストップを使っているのでしょうか?せいぜい信号待ちの時くらいだと思いませんか?例えば荷物の上げ下ろしをする時にはエンジンは止めるものです。

わざわざアイドリングストップをした状態で上げ下ろしをする方はいないでしょう。実際に紹介されているアイドリングストップによる燃費の向上ラインというのは、1日に1時間アイドリングストップ機能を使った場合です。

一年間毎日運転した場合で1日に1時間アイドリングストップする人なんているでしょうか?おそらくそうそういないでしょう。なので通常通りの街乗り運転をするのであれば、「これだけ燃費が向上した!」という実感はわかないかもしれません。

かといって燃費が悪くなったと感じる事も無いでしょう。ただし帰省ラッシュにはまったりして止まったり走ったりすると燃費は悪くなるというデメリットがあります。

もしも毎日渋滞にはまるようなところを走行するのであれば、必ずしも燃費が向上するとは言えないかもしれませんね。つまり走り方次第で燃費は変化すると考えると良いでしょう。

アイドリングストップを煩わしく感じる人も

これまでアイドリングストップの無い車を運転していた方の中には、アイドリングストップの機能が気になって仕方がないという方もいらっしゃいます。

その理由としては、アイドリングストップ機能が無い車の場合は、ブレーキを踏んだら止まる信号が変わったらアクセルを踏む、スムーズに発進するといった操作性の良さがありました。

でもアイドリングストップを使うと発進するまでにタイムラグを感じるのです。そのためどうしても違和感を感じてしまい、せっかくのアイドリングストップを使わない方もいらっしゃいます。

さらにオフにしてもエンジンを切って再びスタートすると、自動的にオンになるのでそれをいちいち解除するのも面倒に感じる事もあるようです。こうした理由で煩わしいと感じる方がいらっしゃるのも事実なのです。

まとめ

普通乗用車を購入する時って国から補助が出る事はありません。ですが国が推奨している機能を搭載していたり、環境基準に準じた車の購入をする時は『補助金』を出しています。

いわゆる『エコカー減税』や『エコカー補助金』という制度を活用する事ができます。税額が下がるので長い目で考えたらアイドリングストップ機能搭載の自動車を購入した方がお財布に優しいかもしれませんね。

これらの補助金や減税に関する情報については、各メーカーのホームページなどでも確認する事ができますし、ディーラーの方に直接聞いてみるのも良いでしょう。

今回は、アイドリングストップ機能の基本的な知識と、その効果や燃費への関係についてを簡単ではありますがご紹介いたしました。今後購入する車が新車だった場合には、燃費やバッテリーについても考慮すると良いですね。

さらに補助金や減税についても詳しく調べてから、比較検討されてみると良いでしょう。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

ドライバー専門の無料求人検索サイト

ドライバー求人検索

物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。

10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、とりあえず検索して見ることをおすすめします!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

 - トラック運転手