福山通運の運転手はどういう仕事をするの?ドライバー職を種類ごとに紹介

   

運転手として働くなら福山通運がおすすめですが、福山通運の市御徒はきついと言われています。今回は、福山通運の仕事が本当にきついのかをご説明しましょう。福山通運の運転手として働くなら、是非とも参考にしてみてくださいね。

福山通運の運転手の仕事は本当にきついの?

福山通運の運転手になると仕事がきついと言われていますが、本当にきついのか気になりますよね。実際、福山通運で集配される荷物は他の業者と比べて数が多く、加えて自分自身の手で荷物の積み込みや荷降ろしを行わなければならないケースが多くあります。

さらにその多くの荷物の中には重量がある荷物も多くあるので、それを日夜連続で行わなければならないのできつく感じるのも無理はありません。他の業種に比べ、福山通運で働いていると拘束時間も長くなることも多くあるでしょう。

ここまで聞くと福山通運の運転手として働くとかなりのきつさを感じるかもしれませんが、最近では働き手を確保するために以上の働き方を改善する動きがあります。

これによって、福山通運の運転手を取り巻く働きやすい環境が整い始めているので就職口として選択肢に入るでしょう。

働き方が違う4つのドライバー職

集配ドライバー

福山通運の代表的な働き方の一つが、集配ドライバーです、集配ドライバーの仕事は、主にセールスドライバーと呼ばれる小口の企業を中心に、2tトラックで荷物の集配を行うことです。

集配ドライバーといっても働く企業によって勤務体系が違うので、勤務時間も大きく違う可能性があります。基本的には前日に到着した荷物を午前中にまとめて配達し、午後に集荷を行う流れとなっています。

そして、午後に集荷した荷物を翌日の午前中に配達するのが一連のサイクルなので、難しい仕事内容ではないでしょう。

配送ドライバー

配送ドライバーの仕事内容は、その名の通り基本的に配送を行うのが主な仕事内容となっています。ただし、集配ドライバーは小口の荷物を配送するのに対し、配送ドライバーは2t~4tトラックで大口の荷物を配送するのが主な仕事です。

配送ドライバーの勤務時間は基本的に日中を中心に集中しており、様々な場所への配送を行うのがメインです。

ただし、配送に加えて大口の集荷を行うこともあります。配送を繰り返す仕事なので基本的にきついと感じやすい仕事なので、十分な注意が必要です。

大型ドライバー

大型ドライバーの仕事内容は、主に集配ドライバーや配送ドライバーが集荷した荷物のターミナル間の輸送を行うのが仕事です。

そして大型ドライバーは基本的に夕方に出勤して集配ドライバーや配送ドライバーが集荷してきた荷物を行き先別にトラックに積み込んで発送します。

ただし、大型ドライバーの発送は荷降ろし先が2ヶ所になることも少なくなく、この場合は翌日に配達に間に合わせなければならないので、夜間の時間帯に輸送業務を行うこともあります。

コンテナドライバー

コンテナドライバーの主な仕事内容は、鉄道などで輸送されてきたコンテナの荷降ろしなどを行うのが仕事です。勤務時間は出勤時間がある程度決まっていますが、ランダム要素が強い働き方だと言えます。

何故なら、コンテナを輸送する列車などの到着に合わせて動くので、いつ列車などが到着するのか分かっていれば働きやすいかもしれません。

かつてコンテナドライバーは人手不足や労働時間の長期化などに悩まされていましたが、これからコンテナドライバーの需要が高まることが期待されているので人手不足の解消や労働時間の短縮などが行われるかもしれません。

自分に合った運転手の仕事をしよう

集配ドライバー、配送ドライバー、大型ドライバー、コンテナドライバーと4種類の働き方がありますが、勤務時間はそれぞれバラバラです。

ここで適当なドライバーを選んで仕事を始めると、生活リズムのバランスが取れなくなり、次第にストレスが溜まってしまう可能性があります。

ここは自分の生活スタイルに合った働き方をすることが、ストレスを感じずに働くことに繋がります。福山通運で働きたい人は、くれぐれも自分に合ったドライバー職で働くことが長く働ける秘訣だと言えるでしょう。

運転手にはステップアップするための補助もある

福山通運で働くにあたり、是非とも利用したいのが運転手としてステップアップするための補助制度です。集配ドライバーや配送ドライバーは普通自動車免許でも運転することができますが、大型ドライバーは中型自動車免許がなければ運転できません。

コンテナドライバーにいたっては大型自動車免許がなければ運転できないので、これらのドライバー職に就きたい人は先に免許を取得する必要性があります。

しかし、福山通運では、運転手としてステップアップしていくために中型免許や大型免許の取得をサポートしてくれる制度があります。ステップアップを目指しているなら、この補助制度を利用するのがおすすめです。

働き方改革で運転手の働き方が変わり始めている

福山通運で働く場合、自分の手で荷物を積み込んだり荷降ろしをしたりと他の業種と比べて肉体労働が多くなりやすいと言えるでしょう。

ドライバー職によっては生活リズムが崩れてしまうことになりかねませんし、それによってストレスが溜まりやすくなるなどきつい現場が続く可能性があります。

しかし、現在では運転手が働きやすいように働き方改革が進められており、運転手の負担を減らす措置が取られています。一見するときつい仕事のように感じられるかもしれませんが、働きやすいように対策されているので一考の余地があるでしょう。

まとめ

一見すると福山通運の仕事は肉体労働が多く、勤務時間もバラバラなどきつく聞こえてくる人も多いでしょう。しかし、働き方改革が行われている現在では運転手が働きやすいように改善されていっているので、十分働き口としても申し分ないと言えます。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す