ヤマト運輸はブラック企業?ホワイト企業?口コミから見る企業の実態!

   

ヤマト運輸はブラック企業だという噂もありますが、果たして何が問題でブラック企業と呼ばれているのでしょうか。

就職や転職を検討する前に知っておくべきヤマト運輸の内情を、詳しく紹介します。

ただし、ヤマト運輸のように大手企業になりますと、悪評のほうが目立ちがちですので、あくまで口コミは個人の意見として参考程度に留めることをおすすめいたします。

ヤマト運輸はブラック企業?現役社員の口コミ

ヤマト運輸がブラック企業と言われる理由に退社する社員が多いことがあげられますね。

また、退社した人や現役社員からの口コミでもブラック企業であると考えられる理由が見つかりました。

顧客対応が大変?

配達は顧客とのトラブルが起きやすく、ドライバーのストレスの大きな原因になっています。ストレスの原因にはわがままな顧客に理不尽なクレームを言われることや再配達が多いことがあげられます。

顧客の中には、指定時間が少し遅れただけでも大きなクレームを言うようなわがままな人も多いようです。このような理不尽な人の対応は、ストレスになりますね。

また、再配達が多いことも顧客対応時のストレスになります。なぜかというと指定の時間に配達に行っても、顧客が不在の場合は、再配達になってしまいます。

再配達が増えると予定通りの配達ができなくなり、仕事時間の増加の原因になるからです。

待遇が悪い?

好待遇のイメージの強いヤマト運輸ですが報酬に不満を感じている社員も見られます。年収では30代で400~500万円前後なのですが、不満が多いようです。

不満理由には、都市部と地方での収入差の大きさや、給料を少なくしてボーナスで還元するため、給料に安定が感じれないことなどが挙げられました。また、残業代が未払いのままという問題も発生しているケースもあるようです。

しかし、運送会社の中ではもちろん高給な部類になりますので、なにと比較するか、個人としていくら欲しいのか次第で不満が出やすい箇所ではあります。

休みたいときに休めない?

ヤマト運輸を含む運送業では、土日祝日関係なく配達を行っています。そのため、シフト制によって休日が決められているため、土日祝日でも出勤することも多いことは、皆納得しています。

しかし、人手が足りない営業所では、本来休む予定でもシフト変更を強いられて休めなくなる場合があるようです。また、人手不足になると十分な休憩時間も与えられず、連続で運転し続けなければいけない状況もあるようです。

ドライバーの仕事が大変?

ドライバーの仕事は、長時間運転し続けます。これは非常に重労働であるため、ドライバーの仕事自体に満足できなく仕事を辞める人もいます。

特に性格的に仕事を真面目にこなそうとする人は、ドライバーの仕事を特にきつく感じるようです。なぜなら求められた内容通りに仕事をこなそうとすると一日中走りっぱなしになってしまいます。

中には食事休憩も満足に取れないような場合も出てきます。ヤマト運輸で働く場合には、ドライバーの仕事の大変さを理解して、覚悟を持てないと続けるのが難しくなるようですね。

ヤマト運輸の「働き方改革」とは

これまでヤマト運輸の口コミ評判にはネガティブな意見が多く見られました。ですが、ヤマト運輸は脱ブラック企業を掲げ、現役社員や辞めてしまった元社員から指摘された問題点改善することによって働き方改革を推進しています。

具体的な改革例としては、再配達時間の短縮が挙げられます。これまでよりも再配達時間を短くすることでセールスドライバーの負担が軽減されました。

また、配達の時間帯指定枠を改善することによってセールスドライバーがしっかり休憩を取りながら働ける環境になりました。このようにヤマト運輸は働き方改革によって以前よりも働きやすい環境に変化しました。

ヤマト運輸の仕事内容に満足している人も多い

ヤマト運輸に不満を持つ意見が目立ちますが、逆にヤマト運輸の仕事に満足している人も多くいます。雇用形態が安定している会社なので安心して働けることに魅力を感じている人が多いようです。

また会社が大手ということで、社会的な信用も高く、ローンが通りやすいことも魅力になっています。ヤマト運輸では産休、育休、育短を取り入れています。

そのため、女性でも活躍できるため、女性社員もやりがいをもって働けるようになりました。また正社員以外にも契約社員としての働き方もあることで働き方の選択肢が増えています。

ライフスタイルに合わせた働き方を選択できることに満足している人も多いようです。

まとめ

ヤマト運輸がブラック企業と言われていた問題点を紹介しました。よく挙げられる問題点として、労働時間の長さや休みの取れなさ、ドライバーの仕事のきつさ、顧客対応の大変さ、待遇が悪いをあげました。

これらの問題点は、いずれもブラック企業に当てはまる問題点ですね。問題点だけを見るとヤマト運輸は就職を避けるべき企業に見えます。ですが、ヤマト運輸は、社員からの指摘をうけ、働き方改革に取り組み労働環境を改善しました。

上記のような問題点は、ヤマト運輸の働き方改革によって見直され、改善された部分も多いです。そのため、以前に比べ、ドライバーに対する負担は軽減されました。

また、雇用形態が安定していることやローンが通りやすい社会的信用度、そして女性も働きやすい環境など魅力的な面も沢山あります。

他の企業の待遇と比較してもドライバー職の中では、間違いなくホワイト企業の部類に入る企業ですので、転職を検討している人はこちらからヤマト運輸の求人を検索してみてください。

ヤマト運輸に転職や就職を考えている人は、1~2人の意見だけを参考にせず、業界平均を踏まえた上で、これらの点をよく考慮して選択してください。

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)規則適応ver

年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報)

「今より年収をUPさせたい。。」
「夜勤が辛い。。」
「手積み/手降ろしが辛い。。」
などを感じている方は、転職すべきタイミングです。

なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです!

しかし、中には間違って年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、後悔している人もいます。

その理由は、転職前に情報収集を行っていないからです。
もっとより良い会社があるにも関わらず、面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。

そこで私はドライバーのお仕事の検索サイトの利用をオススメしています。

検索サイトは、

①簡単1分で検索できる
②今より年収の高い会社が見つかる
③今より労働条件が良い会社が見つかる

というメリットがあります!

ちなみに以下で紹介している検索サイトは、全国のドライバー求人情報を無料&1分で検索することが可能です!

・手軽に年収が高い求人情報を見つけたい方
・入社後に後悔したくない方
は、ぜひ一度利用してみることをオススメします。

【1位】ドライバー無料検索サイト

<こんな人にオススメ!>

・エリア:全国(特に関東と愛知近辺は好条件求人が多め)
・年齢:10代~60代以上全て
・経験:経験者、未経験者ともにOK

業界では珍しくドライバー専門の求人サービスで全国展開を行っており、かなり豊富な求人情報を扱っている求人サービスです。
認可を受けている会社なので、「求人票と実態が違う」などの求人は無く、社保完備などのしっかりとした企業の求人のみ扱っています。
10代~60代以上の全ての年齢に対応しており、条件を入力することで希望条件に近い求人をおすすめしてもらえます!

【年収UP】 ドライバー求人情報を1分で検索する >>

【2位】 リクナビNEXT

リクナビNEXT

リクナビNEXTは、東京・関東を中心に求人情報を扱っている検索サイトです。
運送業界に特化している訳ではなので、2位としています。
求人検索には会員登録が必要ですが、無料なので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、リクナビNEXTは、30~40代の経験者にオススメの求人情報が豊富なので、未経験や20代の方は3位の「マイナビジョブ20's」がオススメです。

リクナビNEXT

【3位】 マイナビジョブ20's


マイナビジョブ20'sは、20~30代に特化した検索サイトです。
運送業界の求人はありますが、基本的には未経験者や若手の方向けの求人情報が多い状況となっております。
なので、関東のみ・20~30代・未経験の方は、まず登録してみて、求人検索してみることをオススメします!

マイナビジョブ20's

 - トラック運転手