ドラレコを前後につける意味とは?おすすめの前後ドライブレコーダーも紹介!

   

事故やトラブル時の対応をスムーズにしてくれる強い味方のドライブレコーダー。

当時の様子を録画しておくことで、論より証拠として自分に非がないことの証明ができることや、トラブル回避として是非取り付けておきたいアイテムです。

では、どんな種類がありどんなものを取り付けたらいいのか、今回は、そんな必須アイテムのドライブレコーダーについて、おすすめをご紹介していきたいと思います。

事故やトラブルに備えておくことが必要

車を運転していると心配なのが、事故やトラブルに巻き込まれること。しかし、完全に避けることができない場合もあります。そんな時、強い味方となってくれるのが、ドラレコ。

今では、多くの車両で搭載されており、仕事やプライベートでの運転時の記録を残しておくことで、事故やトラブル対応がスムーズにいきます

昨今のニュースを沸かせた「あおり運転」、実はこのトラブルに巻き込まれた際も強い味方となるのが、後方を記録してあるドラレコです。

証言より確かな証拠は何よりも強みになります。リスク回避としても、運転時の記録を前後でしっかりと記録しておくことが大切です。そういったドライブレコーダーの装着が非常に必要となってきています。

前後録画できるタイプが主流

前述した通り、衝突事故やあおり運転対策のためにも、前後をしっかりと録画できるタイプのドライブレコーダーが人気となっています。

交通トラブルにおいて、万が一の時に役立つのがドラレコ。突然襲ってくるトラブルは、まさに予測不能です。前方からなにか飛んでくるかも知れないし、車の前で急停車されるかもしれません。

そんなとき、ドライブレコーダーにしっかりと録画をしておけばこれが証拠になります。しかし、前方だけの記録ではすべての事故に対してトラブルや事故対応ができません

自分を守るためにも、1台に1つはドラレコをつけるべき時代になりました。そして、あらゆるトラブルに対応するためにも前後録画のドラレコが主流といえるでしょう。

それでは、ここからは前後録画タイプのドライブレコーダーについて詳しく紹介をしていきます。

一体型と分離型の二種類

前後が記録できるドライブレコーダーには

  • 一体型
  • 分離型

の二種類があります。

一体型とは、カメラ部分とストレージ部分が1つになっているタイプです。サイズは分離型より大きく、ケーブルなどの配線も自分で設置でき、簡単なものが多いです。

前方と後方の2カメラで撮影するものと社内を通じて前方のみならず、後方までも撮影するものとがあります。

一方の分離型とは、カメラ部分と本体部分が別々になっています。カメラは非常にコンパクトでかつ、フロント部分のみだけでなく、リア部分にも取り付けられるのがポイントとなります。

ドラレコの選び方

解析・解像度

画質や解像度につては鮮明であればそれに越したことはありませんが、200万画素を基準に考えて頂ければ問題ありません。4K、8Kのような高画質を求める必要はないでしょう。ややオーバーなスペックとなります。

駐車録画機能

駐車時の周囲の様子を映像に残し、車上荒らしや当て逃げ等のトラブル時の証拠映像を残します。

  • 衝撃を感知する・・・Gセンサータイプ
  • 車体周囲の動きを感知して撮影する・・・モーションセンサータイプ

があり、メモリーやバッテリーを大量に消費する点に注意してください。

WDR機能

WDRとはワイドダイナミックレンジと呼ばれる画像修正の機能をさします。

一番暗いところと明るいところの差が大きくなるように自動で補正されます。そうすると、白とびや黒つぶれが少なくなり、夜間や逆光といった条件下でも証拠映像を残すことが可能になります。

特にナンバープレートは自車のヘッドライトで白とびしやすいため、夜間に走る機会が多い人にとっては必須と言っても過言ではない機能です。

速度センサー

Gセンサーは、「加速度センサー」とも呼ばれます。このセンサーが入っていると、物体がどのような動きをしたかを認識し、衝撃の大きさや方向などが計測できます。

急ブレーキや衝突を伴う事故では、必ず車体に衝撃を受けます。Gセンサーを内蔵したドラレコでは、この衝撃を認識し、その瞬間と前後の記録を上書きからガードします。その後に車両を移動してもこれにより、データは守られます。

LED信号対応

この対応がないと、LED信号機の点滅が秒間120回(関東は100回)に対して、一般的なカメラの撮影能力と周期が重なるので、信号機は常に真っ黒な状態で録画されることになるのです。

LED信号機は大都市以外でも一般的に広く実用化されているので、安いからと言って古いドラレコに手をだすと証拠として十分な映像が撮れない可能性があるので注意が必要です。

GPS機能

GPS測定機能付きのドライブレコーダーにすると、映像の改ざんが難しく、GPSの付帯データにより記録した映像は証拠映像としてより高い信憑性を持つことが期待できます。

また、GPS通信を利用して「自動日時設定」が可能になれば、「日時が記録されていないせいで証拠として採用できなかった」といった困った事態を回避することにも役立つと言えるでしょう。

中にはグーグルマップなどの地図と映像を連動させられるモデルもあります。そういったタイプのモデルは映像を見返したときに、「どこを走っている際の映像か」が一目で分かります。

高性能な前後録画できる5機種を紹介

コムテック ZDR-015

特徴は前後2カメラフルHD200万画素

スペック詳細

  • 本体サイズ・・・ 96.5(W)×62(H)×32.5(D)/mm
  • 重量 ・・・140g
  • 設置方法・・・一体型
  • ディスプレイ・・・2.3インチ
  • 画質・・・Full HD(200万画素)
  • GPS・・・GPS対応
  • ダイナミックレンジ・・・ダイナミックレンジ対応
  • Gセンサー・・・Gセンサー対応

価格は24500円前後。

KENWOOD DRV-MR740

フロント用・リア用のドライブレコーダーで、

  • 常時録画
  • イベント記録
  • 手動録画
  • 静止画記録

が可能。前と後にカメラを取付けることで、前後方同時録画ができるので安心。

  • 前後とも高精細フルハイビジョンカメラを採用
  • 業界トップクラスの明るさ
  • 「F1.8明るいレンズ」を採用
  • 運転中邪魔にならない!小型設計「前方撮影用メインユニット」
  • 本体サイズ

<メインユニット> W87.9 mm×H50.6mm×D31.9mm (ブラケット装着時:最大 H 84.0mm)

<2ndカメラ> W44.0mm×H40.4mm×D33.0mm (ブラケット装着時:最大 H 76.0mm)

  • 重量

<メインユニット>106g(microSDHCカード含む)

<2ndカメラ>35g

  • 設置方法・・・一体型
  • ディスプレイ・・・2.7型
  • 画質・・・Full HD(200万画素)
  • GPS・・・GPS対応
  • ダイナミックレンジ・・・ダイナミックレンジ対応
  • Gセンサー・・・Gセンサー対応

価格は30300円前後。

コムテック HDR-951GW

特徴は車内向けカメラ搭載で、前方も車内も同時録画

スペック詳細

  • 本体サイズ

本体87(W)×87.5(H)×27(D)/mm(取付ステー装着時)

サブカメラ69.5(W)×37.2(H)×17.3(D)/mm(取付ステー装着時)

  • 重量 ・・・128g
  • 設置方法・・・セパレート型
  • ディスプレイ・・・2.7インチ
  • 画質・・・Full HD(200万画素)
  • GPS・・・GPS対応
  • ダイナミックレンジ・・・ダイナミックレンジ対応
  • Gセンサー・・・Gセンサー対応
  • 付属品・・・16GB/class10microSDHCカード/シガープラグコード4m/カメラ通信ケーブル

価格は25000円前後

ユピテル DRY-TW9100d

前後200万画素視野角の2カメラモデルで夜にも強いリアカメラ搭載

  • 前後2台のFull HD(200万画素)の高画質。
  • 視野角が最大【フロント】151°【リア】157°の広視野角カメラ。
  • 夜間も鮮明に記録するリアカメラはStarvis搭載かつデジタル転送。
  • 駐車監視モードはフレームレート1コマ/秒で長時間録画に対応(音声記録なし)

付属品

  • 電源直結コード(約4m)
  • カメラケーブル(約6m)
  • microSDカード<16GB>
  • フロント・リア(ブラケット、ナット、両面テープ)各1ずつ
  • 取扱説明書
  • 保証書

【基本仕様】

  • 200万画素記録(※リアカメラのみStarvis搭載)
  • GPS搭載
  • HDR機能
  • WiFi搭載
  • 2カメラ間デジタル
  • 転送方式
  • Gセンサー(衝撃録画)
  • ワンタッチ記録
  • 最大記録画角対角:フロント151°(水平117°、垂直58°)
  • リア157°(水平127°垂直66°)/駐車監視記録(オプション)

価格は34500円前後。

TAXION TX-09Ca

特徴はGPS対応の手のひらにおさまる超小型モデル

  • 本体サイズ・・・本体54×54×36/mm
  • 重量・・・60g
  • ディスプレイ・・・2.0インチ
  • 画質・・・TFT液晶(300万画素CMOS)
  • レンズ視野角・・・体格約170度
  • ダイナミックレンジ・・・ダイナミックレンジ対応
  • Gセンサー・・・Gセンサー対応

付属品

  • 取扱説明書
  • 吸盤式専用取付マウント
  • HDMIケーブル
  • シガーソケット電源ケーブル
  • USBケーブル

価格は25800円前後。

ドラレコの取り付け位置について

保安基準で設置場所は決まっているので、取り付ける際は十分にご注意ください。

ドライブレコーダーの取り付け位置は、道路運送車両の保安基準で、フロントガラスの上部から全体の20%以内の場所に決まっています。

ドライブレコーダーの取り付け位置は、車室内後写鏡により遮へいされるフロントガラスの範囲、つまりルームミラー裏が一番おすすめです。

ドライブレコーダーによっては、ワイパーの作動範囲の位置に、取り付けが必要というものもあります。適正な位置にないと車検も通せなくなるのでご注意ください。

まとめ

今や運転の頼もしい味方となっているドラレコ。自分を守るためにも前後録画タイプが良いとご紹介してきました。これまで見てきた通り、色々と種類があります。

ご自身にあった最適なドラレコを装着し、すてきなカーライフを送られてください。

【EU用】記事終わりCTA_22/09更新

【必見】年収をあげて、待遇のよい職場に転職したい!という方へ

  • 今より年収をUPさせたい…
  • 夜勤が辛くなってきた…
  • 手積み/手降ろしが辛い…

などを感じている方に、おすすめのサービス「プレックスジョブ」


「プレックスジョブ」は、大手企業から地元の優良企業まで、幅広い企業の求人を掲載中です!

  1. 簡単1分で正社員雇用の求人を検索できる
  2. 今より年収が高く、労働条件が良い会社が見つかる
  3. 会員登録したら、スカウトも受けられる

\新着求人も続々更新中!/

プレックスジョブで求人検索する >

企業からスカウトが受けられる
【会員登録】はこちら

 - トラック運転手

【ドライバー採用ご担当者様へ】ドライバー特化の人材紹介サービス「プレックスジョブ」
掲載のお問い合わせはこちら
プレックスジョブは高年収のドライバー求人が豊富!
最新求人を探す